スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
期待の選手.4
 外国人が活躍しないチームの優勝はないということで、今日は外国人を取り上げます。おそらく前例のない外国人総取り換えで臨んだ今季ですが、ケガで離脱したカーター以外はよさそうでなによりです。

 今のところ最も注目されているのはヘルマンでしょう。僕も昨日観てきましたが、ライオンズの外国人でセカンドを守ってトップバッターを務めて、盗塁を決める選手なんていなかったと驚きました

 そもそも外国人は一、三塁、外野、DHを守って主軸を打つのがお約束です。二遊間を守って、一、二番を打った外国人は去年ファイターズでプレーしたスケールズとバファローズ2001年優勝メンバーのギルバートぐらいしか思い浮かびません。

 なぜ二遊間を守って一、二番を打つ外国人が少ないかは書かなくてもいいですね。そう日本人で事足りる部分だからです。簡単には育たないホームランを打てる選手を優先して連れて来るのが外国人選びの定番でしょう。

 でも、補強とはチームに足らない部分を埋めることなので、二遊間を守れる選手が少ないとか足があって一、二番を打てる選手がいないと思ったら、そういう選手を連れて来るのはアリでしょう。極端にいったら、捕手が足らないなら捕手が出来る外国人を連れてきてもいいわけだし。

 もしヘルマンが活躍したら、「長打力や守備位置にこだわらず、チームに足らない部分を埋められる選手を連れて来る」という考えがNPB全体に広まるかもしれません。ヘルマンはNPBに革命を起こす選手になるかもしれません。

 ヘルマンが盗塁王を取ったら、1960年バルボン(阪急)以来の外国人盗塁王になるらしいです。歴史的快挙ですね。秋に中村の王さん越えとヘルマンの盗塁王が話題になったら優勝だな!
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/03/18 20:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<オフの帝王はシーズンの帝王になれるか? | ホーム | 内野手のモーション>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/988-66c80367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。