スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
落合監督退任について思うこと続き
 落合監督退任については、まだまだ書きたいことがあるのでその続き。

 落合体制八年の中で最も重い試合は2004年の開幕戦、そう川崎先発だったと思います。川崎を開幕投手にした理由は「復帰に向けて頑張っている川崎の姿をみんなに見せて、チームを一つにしたかった」と聞きます。

 川崎が投げている姿を見て、受け入れることができたドラゴンズの選手は大人でした。もしドラゴンズの選手が「なんで川崎なんだ、開幕投手は川上や山本昌に決まっているだろ」と思ったら、チームに一体感が生まれずその年の優勝はなかったと思いますし、ここまで安定して勝てるチームにはなれなかったと思います。野球がチームスポーツである以上、一体感は大事でしょう

 最も印象に残る試合は2007年日本シリーズ第五戦。ってみんな言うか。落合監督の頭にあったのは、山井続投か岩瀬登板の二択で、ランナーを出すまでは山井に投げさせて、出したら岩瀬という考えは全くなかったと思います。だって、ランナーを背負った状態でマウンドに上がるのは誰でも投げづらいし、上がるならランナーなしのイニング頭からの方が誰でも投げやすいし。山井、岩瀬どちらに投げさせるにしても、投げやすいイニング頭からというのは決めていたと思います。   

 あの試合を落としたら札幌で試合をしないといけないので、五戦目で決めたかったというのが事実でしょう。そこで二択の中で、9表をゼロに着けられる可能性が高いのは岩瀬という選択をしたと。あの場面で最も批判されるのは9表頭からの岩瀬登板で、批判されないのは山井が打たれてからというのは言うまでもないですが、あえて勝つために批判される方法を選んだというのに落合采配の凄みを見ました。

 勝負事は勝つことのみが善であるという勝負事の真理を体現したのがあの采配だったと思います。外野の意見を気にする采配など勝負事に対する姿勢、純度を鈍らせるということを思い知らされました。ここまで勝負事のリアルを見せつけた監督は嫌いになれないです。

 
スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/12/28 21:27] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<落合監督退任について思うことその三 | ホーム | 落合監督退任について思うこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/925-6eb6ee55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。