スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
今季のベストゲーム
 (脳内での)満場一致で10.6バファローズ戦に決定。10.18ファイターズ戦も考えたけど、10.6はお互い負けられない天王山、西口×金子のエース同士のマッチアップ、劇的なサヨナラベストゲームにふさわしい要素が一杯だったので。

 当然勝ちたいという気持ちはありましたが、散るなら西口で散ってくれ、という悲壮感を持って見ていたことを覚えています。金子だから楽には勝てないだろうなと思っていたら、7回終わって0-0という素晴らしい投手戦というか、胃が痛くなる緊張感がありました

 あの日のブログを読み返すと改めて9回が分岐点だったと思います。9表先頭で出塁したT-岡田に代走を出さないのを見て、一点勝負なのになぜ代えない?と疑問に思いましたし、9裏無死一、二塁打者ホセに阿部を送ってバントをさせたのを見て、二塁より三塁の方が得点確率が上がるから、安全に三塁を狙うのはいい、たった一点取ったら勝ちだし。と渡辺監督の采配にうなずいていました

 この攻防が今季を分けたと思います。もしT-岡田に代走を出して二点目を取りに来たら、ホセに強攻させて二点目を取りに来たら、プレイオフに進んだのはバファローズだったかもしれません。

 西口が頑張り、牧田が抑えると10.18の布石的な一戦と取ることもできるし。ホントに大きい一戦でした。

スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/12/18 21:50] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今季MVP(投手編) | ホーム | ホークスの強さを振りかえる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/916-54ae3882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。