スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
頭を冷やしてはどうか
 ダルが移籍の条件に「ギャラ15億円以上」を挙げていることにあ然としました。ダルがいくらマー君とハイレベルな沢村賞争いを繰り広げたかといっても、今季5億円から三倍増の15億円をファイターズが提示すると思えない。ファイターズが提示しないものをMLBに求めるってムチャにも程がある

 ダルがいいピッチャーといっても、MLBとNPBのレベルの違い、MLBとNPBのマウンドの硬さ、ボールの材質、ストライクゾーンの違い、アメリカと生活環境の違いなどダルがクリアしないといけないことは多々あります。これらを全てクリアして結果を出せるか?ということは現時点では全くわからないと言っていいでしょう。

 それでもダルに15億円出す強気なチームはあるんだろうか。正直現状維持の5億円、インセンティブ着けて10億円以上というのがまともな契約だと思うよ。ダルと代理人は「活躍する保証もないのに、15億円は出せるわけがないのはわかる、だったら活躍してから15億円ください」とインセンティブをどれだけ取れるかを考えた方がいいと思う。年俸が下がっても「活躍したら青天井だから」と気にしなかった吉井、「インセンティブをうまく着けたから収入は日本にいたときと変わらなかった」と語った新庄を見習ってはどうか

 杉内は血行障害持ちだから、移動が少なく体の負担が減るセリーグでやりたいだろうな。寒暖の差が少ない屋根つきのチームでやれたらベターだろうなと思っていたら、終身雇用を求めているんだって。これもあ然としました。杉内ぐらいの選手だったら、プロ野球には終身雇用はないことをわかっているはずだけど。

 先の保証のない世界だからこそ、成功したら莫大に稼げるのがプロ野球でしょう。そんなに終身雇用が欲しいのなら、社員選手として社会人野球でプレーすればいいのに。元いた三菱重工長崎に帰って、引退後はリーマンになればいいのにね。

 川崎、ダル、杉内と考えがおかしいとしか思えない選手ばっかり。チームを選べないのをわかっていてポスティングをお願いしたからといって、そのままヤンキースと契約したら中島は

 おまけ

 このマンガすごい!2012ランキングが凄いです。一位「手塚治虫創作秘話」二位「グラゼニ」六位「どげせん」って僕が選んだんじゃないからな。この手のランキングってモーニングは毎回顔を出すけど、チャンピオンが顔を出したのは初めてじゃないかな。通はモーニングとチャンピオン読むからね(ホントか)

 天才のムチャな仕事ぶりとプロ野球選手の過酷な現実を描いたそれぞれワンツーって、マンガ界の最近のトレンドは実録系なんだろうか。ヘタなフィクションよりノンフィクションの方がはるかに面白いからなあ。そうそう次号から四週に渡って手塚治虫創作秘話やるみたいよ。作画のRINと土下座感の違いから「どげせん」を打ちきった板垣恵介が描く土下座マンガ(凄いジャンル)「謝男」も次号からゴラクでやるみたい。年末楽しみですな。
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

[2011/12/09 21:29] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<出るんだったら代償をよこせ | ホーム | 卒業>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/910-d53ab879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。