スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
エース対決みたかったね
 交流戦で渡辺×工藤の黄金時代エース対決が見られるかと思ったら、白紙になったみたいね。一番残念がっているのは、黄金時代エース対決とうまく煽ればいっぱい入るよ!と思っていた営業さんだろうな(苦笑)

工藤氏に監督就任を要請した際、高田GMが初めに伝えたことは、すべての人事の決定権を「GMが持つ」ということだった。就任会見で、高田GMは「従来のようにドラフトもトレードもコーチ人事もすべて監督がやるのとは違う」と説明した。

 これに対し、工藤氏は受諾の条件として、トレーナーの充実や意中の投手コーチを要望。高田GMは「話をしていく中で『どうかな』というのがあった」と打ち明け、「GMと監督は一枚岩。不安な気持ちで入って、信頼関係が築けないのはお互いにとって不幸」と交渉打ち切りを決断した。


 つまり、高田は編成の権限は全てGMが持つファイターズみたいにやりかったのに、工藤はそうじゃなかったってことね。あいまいにしたまま契約したら、補強を巡って来オフに揉めるのは予想できたのでこの段階で破談になったのは、お互いいいことでしょ。職域をあいまいなまま契約をしたらいいことがないのは、巨人を見ればわかるよね

 普通、新監督はドラフトに参加したり、補強を提案したり、秋キャンプで選手、コーチとコミュニケーションを取ったりできますが、今のハマはそういうことが全くできません。そうぶっつけで春のキャンプに臨むしかないありません。だからコーチ経験すらない工藤にはキツイだろうなと思っていました。 

 今更だけど、コーチは入れ替えても監督は尾花でもよかったのに。かつてホークスが買収されて迎えたシーズンを南海最後のシーズンで指揮を務めた杉浦さんに任せたのは、「本拠地、親会社も含めて総入れ替えしたら、選手、スタッフが落ち着かない、ポーカーで手札を全部取りかえることとは違うんだし」ということでしょう。これに倣えばよかったんじゃないの。
 
 もう高田GM兼任監督かもしれない。

おまけ

 今日中島の移籍先が発表されるかと思っていたら、ありませんでしたな。個人的にはナショナルズのような、今も過去も日本人がいないチームがいいな。変に比べられることもないからやりやすいと思うんだけど。日本人との相性最強のドジャースもいいと思うけど、経営火の車だから取る余裕ないか

 中島がストラスバーグのバックを守るのを見てみたい。ナショナルズって首都にあるチームというのは豆知識
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

[2011/12/05 21:01] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今日も返事無し | ホーム | マーケット・オープン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/907-e49fcfef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。