スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
今言わなくてもいいじゃない
 明日から日本シリーズ終盤戦が始まるというのに、清武代表解任を今言わなくても。というのが最初に思いました。月曜までガマンできなかったんだろうか

> プロ野球巨人は18日、コーチ人事をめぐって渡辺恒雄球団会長(85)を批判した清武英利球団代表(61)の解任を発表した。

 僕は巨人の関係者でもなければ、巨人ファンですらないから、よくわからけど、要するナベツネと清武に職域、権限について違いがあったってことでしょ。

 おそらく、清武は自分の職務は監督含めたコーチングスタッフ、選手の入退団を決められるMLB的なGMだと思っていたんだろうな。自分の一存で選手、コーチングスタッフの入退団まで決めている「マネーボール」のビリー・ビーンGMみたいな。

 でも、ナベツネが想像していたのは、清武が選手、コーチングスタッフの入退団について意見を出すのはいいけど、最終決定はナベツネが持つ中間管理職的なGMだったと。

 この二人のGMについての職域、権限の認識の差は広すぎるから、埋まりようがありません。二人の対立は避けられなかったと思うよ。だから、清武をGMにするとき「選手、コーチングスタッフの入退団は全て任せる」とか「選手、コーチングスタッフの入退団の最終決定はナベツネが持つ」みたいにGMの権限、職域についてキッチリ決めとけばよかったのに。権限、職域をあいまいなままやらせるから、日本シリーズに水を差す内輪揉めが起こるんじゃないの。

 さて日本シリーズですが、五試合終わってホークス13得点、ドラゴンズ7得点しか取れていません。一試合三点取れば勝てるんだ。こんなに得点できない日本シリーズは初めてです。野球見ているより、サッカー見ているような気がする

 普通序盤のピンチは、「ビッグイニングが着かなければよし」と内野は前進守備を敷きませんが、ここまで打てなかったなら、「二点ビハインド着いたら終わる」と内野は前進守備敷くだろうね。明日以降の見どころは序盤のピンチにどういう守備体系を敷くかだろうね。

 かつて落合は「無死満塁で確実に一点取るなら内野ゴロを打て」と言ったそうです。「終盤だったらホームゲッツー狙いに行くけど、序盤、中盤なら一点はよしとホームゲッツーは狙わないから確実に一点取れる」という理由とか。この言葉がよーく沁みる日本シリーズになっています。一振りで三、四点取れる中村剛也は偉大だな。


スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

[2011/11/18 21:15] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<日本シリーズ総括 | ホーム | 半分当たり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/897-b06083e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。