スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
覆された定説
 現役引退後20年経つのに、コーチは当然としてスカウト、スコアラーなどを含めてユニフォームを着たことが無い人間の復帰は無いというのが、球界の定説だと思っていました。江川、掛布を見たらわかるでしょ。それが覆されるとは

> プロ野球日本ハムの新監督に就任した栗山英樹氏(50)が9日、札幌市内のホテルで記者会見し、「肉体的にも精神的にもタフなチームを目指したい」と抱負を語った。

 ファイターズOBでもなく、北海道民でもない栗山がなぜ?ってみんな思っているだろうな。僕も唖然としました。現在一軍打撃コーチを務めている田中幸雄でもいいじゃない。東京時代のエース西崎でもいいし。それらOBを差し置いてなぜ栗山?

 ファイターズって補強はフロントがやることで、監督は指揮を取ることと完全に分けているといいます。ドラフトでクジを引くのはほぼ監督がやるのに、梨田さんは斎藤、菅野のクジを引かせてもらえません。そんなファイターズが監督に集客、人気を期待するわけがない。「集客は営業部がやります。監督にチケットを売ってもらう気はありません」って冷たくいいそうなイメージがあるし。

 それだけに現役引退後20年、コーチ経験もなくスカウト、スコアラーにすら就いたこともない栗山に指揮を任せるとは思わなかった。ここまで斜め上な人事はないな。

 一部報道では、「フロント主導のチームを作りたいから、指導経験のない栗山に任せた」ってあるけど、フロントは采配まで介入しないからなあ。一時期のアスレチックスのように、フロントが「バント、エンドラン、盗塁はやるな」みたいな縛りを加えるのだろうか。そこまでやったらフロント主導のチームって言えるんだろうけど、そこまでやったら指揮を取ろうとは思わないよね。GMが監督を兼任すればいいんじゃないですかって話になるし。

 ファイターズがどんな野球を見せるのか来季が楽しみです。プライドを捨てた栗山がフロントの采配縛りを受け入れる日本のアート・ハウになるんだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

[2011/11/09 21:08] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<マネボの感想 | ホーム | 今季の反省トレード編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/893-6c4b8651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。