スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
GO TO 博多
 もし二か月前に戻って、「ライオンズは三位に入って、無敗のままプレイオフ一回戦を勝ち上がって博多に行くよ」って言ってたらホラ吹き扱いされるだろうな。信じられない。

 二試合合わせて得点したイニングは6度。その内4度が二死からの得点ってありえない異常な勝負強さといっていいです。二死から得点されると凹みますよね。相手の嫌がることをやっているからそりゃ強いよ。これが勢いってものなんだろうか?って考えさせられました。

 この日も渡辺采配が冴えました。上本スタメンで1~4回まで出塁を許しているのを見て、5裏から星に交代。星に交代したあとの5~7回は三者凡退。捕手のリードでこんなに変わるの?と唸らされました。8裏無死一、三塁から一久を投入したのも驚きました。

 いくら一久が百戦錬磨といっても、ランナー背負った場面はキツイだろと思っていたら、糸井になにもさせずに三振、古谷野サードゴロ、稲葉レフトライナーと完璧に抑えたのは痺れた。あの場面はランナーが進まない三振が理想だから、左で三振取れる一久という起用だったと思えば納得がいきます。選手の特徴を見極めた凄い采配でした。

 9表のビッグイニングで勝負ありでした。「四点だったらランナー溜めて連打が出れば」と思っていたファイターズファンの期待を砕く中村の豪快なバックスクリーン弾がトドメでした。あれは言葉出ないだろうなあ。

 今日も梨田采配は奮いませんでしたね。9表に増井がマウンドに上がるのを見て、「失点が許されないイニングなぜ武田久を出さない、クローザーを出すことで『あきらめていない』という意思をチーム、ファンに伝えることができるのに」と疑問でした。

 ライオンズの勝因は、二試合で失点したイニングが一度ずつと相手に主導権を渡さなかったことでしょう。初戦もし、三点目を与えていたら勝ち目は薄かったし、二戦目も二点目を与えていたら結果は変わっていたかもしれないです。

 それにしてもファイターズは野球が雑すぎでした。ランナー三塁で内野ゴロを打ってホームで刺されるのを何度見たことか。外野フライ、シングルを打って得点するか、フォアを選んでランナーを溜めるのがファイターズの野球だよね?と疑問に感じたぐらいです。内野ゴロを打つなら野手の正面ではなく、送球しづらい横に打ったらホームインできたかもしれないのに。

 それと二試合合わせて8イニング11失点とリリーフがひどすぎでした。ライオンズのリリーフは8イニング無失点、被安打1とパーフェクトに役割を果たしたのと対照的です。これじゃ勝てない

 驚異の捲りで三位を取ったチームと、失速してなんとか二位を守ったチームの差なんでしょうか。去年のプレイオフ一回戦で感じたことと同じことを感じます

 今12チーム中8チームが脱落して、野球が出来るのは4チームしかありません。その4チームに入っているのが嬉しいです。リーグ優勝していないチームが日本シリーズに出ていいのか?という話は別にして、11月まで野球ができることがただ嬉しいです。

 舞台は博多へ。天王山がないまま独走優勝したチームに、何度も修羅場を潜ってきたチームの怖さを見せつけたいです。

2011.10.30スコア

 西武ドームで先攻のライオンズは違和感ですね(汗)

ポストシーズン男

 秋になったら活躍する印象があるホセ。スィープ喰らった博多で孤軍奮闘したり、胴上げ阻止のホームランもあったなあ。この人にとっては夏まで調整で秋からが本番なんだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/10/31 21:32] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<博多決戦展望 | ホーム | プレイオフ一回戦初戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/886-6f20eff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。