スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
六連勝
 六連勝。今日、昨日と接戦を制して、イーグルス戦も全て接戦を制してののスィープ。その前のホークス戦の一勝一分も接戦と、最近のライオンズは接戦を取れるようになったと思います。「接戦を取れるのが強いチーム」という野村克也の言葉を借りるなら、やっとライオンズが強くなれたというべきでしょう。前半戦のライオンズだったら、半分は落としているな。

 代打に出て決勝タイムリーを打った阿部の「平尾から代打は打てなくて元々と聞いていた」というコメントは金言だと思います。そもそも三打席、四打席立っているスタメン連中が打てないピッチャーから、一打席で結果を出せというのがムチャぶりなんだし。

 代打は大事な場面で起用されるということは、相手からしたら失点したくない場面、つまり相手ピッチャーも相当気合を入れてくるし、当然ファルケンボーグ、武田久といった見たくもない中継ぎ、抑えとの対決も強いられるし。もう居直るしかないです。

 平尾の勝負強さは居直りがベースになっているんだろうな。そうそうどうでもいい話ですが、阿部の入場曲が「パルプフィクション」のテーマ、ピーター・アーツの入場曲だからテンション上がりますね。友亮のPRIDEもいいですね。

 涌井はもっと頑張ってくれないかな。九連戦の最中だから、ブルペン休ませるために完投してくれよ。三点リードを一気に吐きだすどころか、逆転されちゃダメだろ。相変わらず指輪着けているのが気に入らない。西口がエースに座る逆世代交代させられるのはどうかだよ。

 バファローズが負けてくれないので相変わらずゲーム差が縮まりません。考えようで、バファローズも着いてくるライオンズが怖いはず。残り試合考えたら、4、5ゲーム着けたら安全圏なのに、ライオンズが負けてくれないから安全圏に逃げ込めないし。自分も苦しいときは相手も苦しいという言葉を信じて、バファローズにプレッシャーを掛けていきたい。

 明日は菊池登板。今のライオンズは延々とトーナメントを戦っているようなもの、毎日が甲子園みたい感じだから、その中で菊池にとっては投げるだけでもいい経験になるでしょ。九月以降に勝てるのが真のエースだし。明日はピリピリした緊張感の中投げていた甲子園を思い出して投げていただきたい
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/09/20 22:32] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2013WBCの行方 | ホーム | なぜ待てない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/855-cccf7a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。