スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
甲子園総括
 東北勢の初優勝成るかが、見どころでしたが日大三の11-0という圧勝で優勝。おめでとうございます。6試合全て10安打以上と日大三らしさが出たのが優勝できた最大の理由でしょう。

 エース吉永が開星戦、智弁和歌山戦で打たれているのを見て、都大会決勝の早実戦はよかったのになぜ?と疑問に思ってましたし、短期間で修正するのはプロでも難しいんだから、今大会は厳しいだろうなと思っていたら、習志野戦、光星戦完封と修正できたのは素晴らしいです。小倉監督はどんなアドバイスをしたんだろうね

 日大三にとって、一番難しい試合は都大会決勝の早実戦だったと思います。甲子園では一点差の試合はなく、4試合は10点以上、全試合5点以上取りましたが、早実戦は2-1とロースコアで、5安打しか打てませんでした。らしさが出せない試合で勝てたのが大きかったのではと思います。

 高校野球というと、汗と涙と青春ですが、僕は全くそういうのに興味ないんですよ。競技、試合として面白いかどうかしか興味はないし。そういう僕でもグッと来るのはスタンドの部員が涙するところです。

 選手が泣いてるのを見ても、「甲子園でプレーできただけでもいいじゃない。参加4000校弱の中から甲子園に行けるだけでも凄いんだから」と思うんですが、スタンドの部員が泣いているのを見ると、「背番号もらえない時点で高校野球は終わったのに、よくそこまで感情移入できるもんだ」とグッと来ます

 まずスタンドで応援している部員って三年生中心でしょ。「ベンチに入れないなら、せめてスタンドだけでも」って学校側も考えるだろうし、一、二年生は新チーム作るために、地元に残されて練習しているんだろうし。背番号もらえない時点で、予選の初戦で負けようが、全国制覇しようがどうでもいいやになっても責められないです。それでも涙するぐらい感情移入するのは凄いことです。

 今年のベストマッチは野球は27アウト取るまでわからないということを思い知らされた八幡商×帝京、MVPは50イニング、700球以上投げ抜いて優勝投手になった吉永。あまりよくないことはわかっていますが、一人でマウンドを守るエースは悲壮感がありますね。良し悪しはともかくこういう美学めいたものも甲子園も面白いところだろうな。
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2011/08/20 22:14] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<スターシステム | ホーム | 初完投>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/833-df8fd86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。