スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
無視する勇気
 ビッグイニング二回着けられて勝てるわけない。イーグルスを叩いて上位対決に持っていきたかったのに。いい加減西武ドームでホークスとファイターズ倒そうよ。なあ渡辺そろそろ強いところを見せてくれよお

 というわけでマンガの話でも書くか。最近書いてないし。刃牙の親子対決は進んでいるのか、進んでいないのかわからなくなってきた。今さら達人同士の対決は凡人にはわからないじゃねえ。以前「範馬親子と関わって来た人たちが見ている中、親子対決をやるっていうのはやりたくない」って板垣言ってたよなあ。その発言を忘れたのか、単に独歩が好きなのかどっちなんだろう

 それにしても栗谷川さんがご老公に見せた、暴漢を倒す独歩の映像はどんな意味があったんだろう。独歩と達人が戦いを求めて、夜な夜なケンカ三昧とか。投げっぱなしている烈×ポルトとか。そこらへんを板垣は今後どう片づける気なんだろう。親子対決だけに絞って、余計なことは描かなきゃいいのに。ヘタに描くから読者が期待するんじゃないか

 「グラゼニ」は凡田は余計な指導を無視してよかったね。余計な指導を受け入れたばっかりに大成できずに辞めていった選手って多いんだろうな。かつて四球団が競合した川口なんて、指導が悪かったというか合わなかったらしいし。

 時節柄凡田の高校時代の話って読みたいけど、描かないかな。凡田には悪いが、甲子園スターだったとは思えない。甲子園には一回出たけど、せいぜい三回戦止まりみたいな。テーマ的には、凡田の学校は進学校でドラフト指名を受けたとき友達から、「頭いいんだから大学行っていい会社入った方が、プロ行くより安定するんじゃないの」と言われて逆に「安定した道を捨てるんだから、一億円プレーヤーにならないと意味がない、下位指名だから契約金も少ないし」って話になりそう。原作の森高さんどうですか
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

[2011/08/04 22:11] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<甲子園開幕 | ホーム | 久しぶりの勝ち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/824-3ff059c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。