スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
二大神様の話し
 チャンピオン先の見えない二大連載というと、刃牙とドカベンというのは常識ですね。刃牙ばっかりイジるのは飽きたので、ドカベンのことを書きます。

 ドカベンと言えば、律義に現実の日程とリンクしているのがウリ(それしかない)のですが、作中では2010年の交流戦明けなんですよね。もう連載辞める覚悟なんでしょうか。「大甲子園」の頃から20ウン年のつき合いなんで、最後まで見取る覚悟完了してます

 今やっている東京×四国戦は土門、不知火、影丸のリレーで来ているから、今後は知三郎、犬神、小次郎のリレーで終わりでいいや。これからはイーグルス戦で一球、マリーンズ戦で球道、メッツと二度目の日本シリーズやって。これでよし。

 山田が2000本、殿馬が2500本達成して、里中も4.5シーズン前に150勝という記述があったから、今は200勝クリアーしているんだろうな。岩鬼なんだけど、交流戦のカープ戦で生涯打率三割という記述があったことを思い出した。

 岩鬼と同じトップバッター、昨季打率.295の片岡が岩鬼の打率を割り出す格好のサンプルだと思ったので、片岡の打撃成績を基にして岩鬼の打撃成績を割り出してみました

 
2010年 片岡 打率.295 170安打、四死球48

 岩鬼は四死球を選ばない人なので、170+48=218安打以上打たないと打率三割維持できない計算になります。これを入団以来15シーズン×200安打って通算安打3000本越えかい。四天王で一番成功したのは岩鬼だったとは。でもこういうロジックって水島御大自身考えてないだろうな

 そうそう、チャンピオンで今手塚治虫秘話やってるけど凄いよね。リテイクしまくって過酷な日程でアニメ完成し終わったあと、再放送もビデオ化の予定もないのに気に入らないからリテイクってムチャクチャな。リターンがない仕事に労働力だけ消費されるって、そりゃ会社潰れるわ

 読んでて、会社の社員というより、手塚教の信者ぐらいの忠誠心持たないと神様と仕事はできなかったんだなーと。今回は天才に振り回される凡人の悲喜劇としか読めなかった。でも見ている側としては面白いから、残り三話期待するよ。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[2011/05/27 22:32] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<借金完済! | ホーム | やっと二勝目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/784-17c7c8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。