スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
プロの洗礼
 「前回牧田は好投したと言っても、ホークスもバカじゃないから対策立ててくるはず。今回は苦戦するだろうな」と思っていたらやっぱりでした。被安打10、被本塁打1、自責点6。ノックアウトです。

 牧田は初めてプロの洗礼を浴びたといったといいでしょう。好投しても対策立てるから次回はうまくいかないし、ノックアウト喰らっても対策立てるから、次回は抑える。これがプロの世界です。対策立ててくる二回目以降、どう凌ぐかでいくら稼げるかが決まってくる。プロは厳しいです。

 でも、力がないと四試合連続で好投はできないから、牧田はビギナーズラックだけで投げていたとは思えません。次のホークス戦こそ勝ちを着けることを期待します。前回は無失点のまま8回途中で降板とホークスを抑えたから牧田の勝ち、今回はノックアウトしたからホークスの勝ち、次はラバーマッチですね。

 次は西武ドームで投げさせてあげたいなあ。律義に敵地で三試合やらなくてもいいでしょ。もし西武ドームでラバーマッチやるときは、応援いきたいな。

 お待たせしました明日は岸の復帰戦です。昨季の岸のシーズンは事実上7月で終わったといっていいものでした。優勝争いに加われなかった悔しさは大きいと思います。岸もそろそろタイトルも取りたいし、涌井からエースの座も奪いたいでしょう。明日は岸の今季に賭ける思いを見せてもらいます

 余談ですが、考えてみたら岸とマー君って立ち位置が似ているんだよな。まだノンタイトル、チームでは準エース扱いって意味で。どっちが早くタイトル取って、エースの座を奪うんだろうね。

おまけ

 「大甲子園」を読み返してみました。小学校のころ大好きで、毎週読んでました。当時は「タッチ」全盛だったけど、僕だけ「大甲子園」読んでた気がする、ってチャンピオン読む小学生はありえないだろ

 それはともかく、青田×クリーン戦で、左腕を負傷した球道がベンチに戻って包帯巻いて出てくるまで1Pというか数コマで終わらせてるの。もし「MAJOR」だったら、吾郎の熱い語りが2P見開きで入るんだろうな

 なに言いたいかというと、キャラが立てば説明いらないんだよ。「ムチャするのが球道だよなあ」で読者は納得するから余計な心情描写を入れる必要がない

 小池一夫の「まずキャラを立てろ、キャラが立ったらストーリーは後から付いてくる」ってホントだと思うよ。でもキャラを立てることばっかり考えて、ストーリー出たとこ勝負というのもよくないよなあ板垣。10ウン年待たせてやっと親子対決ですか
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2011/05/13 22:05] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今年最初の映画レビュー | ホーム | 特殊な競技>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/775-4ff966a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。