スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
菊池雄星の一年目を総括する
 最低5勝は勝ってくれると思ったけど、一軍未登板、二軍でも二試合に投げただけとリハビリに費やしただけの一年でした。で終わるのもなんなので、以下アレコレ書きます。

 最後の甲子園で体を壊していたことを考えると、雄星の一年目はある程度リハビリに費やすのはフロント、コーチングスタッフにとって想定内だったと思います。涌井、岸、帆足、一久と先発はしっかりしているから、一年目は体力作りに使ってもいい。それぐらいのことも考えていたかもしれない

 ドラフト一位で6チーム競合、MLB含めて最大20チーム観に来たということを考えると、雄星は相当な逸材ということは間違いないと思います。ケガさえを治せばやってくれると期待してます。

 だいたい高卒一年目19歳時点で選手の将来なんてわかるわけがない。19歳のとき岩隈は未登板、和田、杉内はプロにすら入っていなかったわけだし。こんな例はゴマンとある。雄星の将来については悲観する方がおかしいと思うよ。

 ところで、悲観しないといけないのは雄星より早く左腕で150km/h投げた辻内だろう。たまたま甲子園で荒れ球ながら三振を取りまくったところを観て、高校野球でここまで力の差を見せつけたのは松坂以来だと驚いたもんだけど。それが未登板のまま新人王資格を逃すとは。

 巨人がふざけた指導をしたか、大ケガしたかどっちかとしか思えない。あのとき当たりクジ引いたと誤解してガッツポーズしたバファローズに入っていれば辻内の野球人生変わったかもしれない。そうなると、T-岡田は他のチームに行ったんだよなあ。となると辻内がバファローズのエースに君臨して、T-岡田が巨人の二軍で埋もれていた可能性もあるんだろうか?ドラフトって運命だねえ。
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2010/11/14 22:00] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<野球納め@神宮球場 | ホーム | ご当地映画@六本木>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/694-76d6f921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。