スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
開幕戦
 13時開始、開門11時前なのに、朝六時に目が覚めてしまった。ホントに緊張しているよ。自分がやるわけじゃないのにね。いくつになっても開幕戦は特別です。

 10時前に着いたらもういっぱい。ライオンズはいつから人気チームになったんだ。去年のBクラスでお客さん減ったかと思ったらそうでもないみたいです。地域密着は成功しつつあるんだろうか。

 始球式は東尾さん。選手、監督として偉大なOBですし、今年殿堂入りを果たしたのでいいタイミングでの起用でしょう。開幕戦の始球式って、他競技のトップアスリートなら許せるけど、野球を知らないようなタレントが投げたらムカつくんですよ。普通の試合はいいけど、開幕戦は特別だろって。今回はナイスな人選でした。

 涌井は2ストライクを取っても決めきれず、ランナーを背負う苦しいピッチング、成瀬は6回途中までノーヒットに抑え、シーズンが始まったばかりだけど今季ベストといってもいいピッチングと両投手好対照ながら、投手戦になりました。

 6回2死一、二塁からの栗山一塁ヘッスラには痺れました。僕は一塁は駆け抜けた方が速い(ソースは「GO And GO」)と思っているので、一塁ヘッスラは好きではありませんが、天王山でもポストシーズンでもないのにヘッスラを敢行する、栗山の闘争心に痺れました。これでチーム、ファンを活気づけたと思います。

 7回中島同点弾、ブラウン逆転弾には壊れましたよ。苦戦しながら一発でねじ伏せる一昨年の勝ちパターンを思い出させました。渡辺ライオンズのお家芸はホームラン。スモールベースボールなんてしらねえ。

 9回はシコースキーが三者凡退と開幕戦をモノにしました。もしシコースキーがいなかったら、8回終わって145球と投球数が多い涌井をムリして続投させるか、胃の痛い思いをしながら小野寺の二択でしたから。シコースキーはポップフライ、ハーフライナーと力で抑え込みましたが、小野寺だったら逆に力負けするだろうな。もう空振り取れない150キロは見飽きたよ。

 8回先頭細川に代打が出せないところに銀仁朗の穴を感じました。頼れる第二捕手がいたら迷いなく代打を出したはずです。これじゃ接戦の終盤がきつくなるなあ。ミスター第二捕手野田はケガらしいし。当分ライオンズの捕手事情は苦しいです。


開幕戦スコア

 2時間半で終わるエコ試合。明日、あさって勝ってスィープできたら最高だなあ。とにかく、大満足な一日でした。駅からの帰り道でユニ、パーカーを着たファン見て嬉しかったです。いままでこんなことなかった。ライオンズの地域密着は成功しつつあるかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2010/03/20 21:45] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<開幕三連戦 | ホーム | 開幕前夜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/550-95b6b6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。