スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
PC使うより体使おう
 「アバター」が歴代興収記録を作ったそうです。でも見たいって気がしないんだよなあ。好き嫌いとか良し悪しの問題じゃないけど、個人的にはPCで作った映画って興味ないのよ

 賭けてもいいけど、5年後、10年後技術的に「アバター」を超える映画って出来るでしょ。その頃「アバター」は残っているんだろうか?ラットレースはむなしいだけだよ。

 某動画サイトでハワード・ヒューズが戦前に作った「地獄の天使」の戦闘シーン観たけど、素直に凄いって思ったもん。当然その頃はCGなんてなくて、大量に飛行機飛ばしてガチでやったわけで。PCで作るより、人力で作った方が残ると思うんだ。

  もちろん、CG使った方が安く掛かる場合もあるから、CGを否定する気もありません。その頃CGがあったら、空中戦のシーンで雲を待つために延々と待機することもなかったし。撮影中「映画が出来る前にヒューズは破産する」と言われてたとか。

 「ファイトクラブ」に興奮と恐怖感を感じ、「力道山」と「レスラー」で泣くほど感情移入するのはブラピ、ノートン、ソル・ギョング、ミッキー・ロークが体張って演じているからだし。もしCGで筋肉を描いていたら興ざめして、観た次の日には忘れているだろうな。

 そういう自分がなにを見たいかと言われたら「インビクタス」を挙げます。「グラン・トリノ」のテーマ「異人種、異文化の和解、問題の解決に暴力を使わない」を、今度は実話でやるのか?という興味もありますし、ラグビーのシーンも興味あります。

 作中の1995年W杯は日本のラグビーファンに取ってはトラウマだよなあ。ニュージーランド戦で145点取られたことはトラウマ通り越して国辱レベル。当時見ていて「トライ練習みたいだ」と思ったことは覚えてます。そういうことを考えると「インビクタス」見るのは複雑です。まあ話の中で日本代表は出てこないはずだからいいけど。
  
スポンサーサイト

テーマ:個人的な映画の感想 - ジャンル:映画

[2010/01/27 15:24] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<残念なお知らせ | ホーム | 久しぶりのコンシューマー>>
コメント
アバター見てきちゃいましたw

お正月で暇だった・家から徒歩5分ある映画館の無料券があった。
この2点を理由に見てきたのですが、それにふさわしい作品でしたね^-^;

3Dでみれば映像の凄さに引き込まれるけど、ホントそれだけでしたね。
[2010/01/30 22:47] URL | ゆみ@まつ #- [ 編集 ]
> ゆみ@まつ さん

>3Dでみれば映像の凄さに引き込まれるけど、ホントそれだけでしたね。

 つまり感動が残らなかったと。それじゃ作品的にはダメだよねえ。そんな映画がなぜオスカー最有力候補なのかわからんです。

[2010/01/31 13:58] URL | だい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/518-637018c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。