スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
70年代を知らない世代が考える江川事件
 昨日小林繁氏が亡くなられました。さすがに小林氏の現役時は知りませんが、梨田バファローズのベンチにいた細身のおじさんというイメージを持っています。ご冥福をお祈りします

 新聞で読みましたが、現役時は「細身の体に甘いマスクで女性人気があった」とか。今でいえばみたいな感じなんだろうか。小林氏といえば、沢村賞二回受賞した名投手というより、江川事件の被害者というイメージが強いです。

 江川事件のときは物心すらついていないので全く分からないのですが、今に例えると斎藤佑樹がライオンズの指名を拒否、そのあと野球協約の盲点を突いて巨人と契約。という感じなんだろうか。確かに甲子園、神宮のスターから一時の亀田一家並の国民的ヒールに転落するな。

 もし江川がライオンズに入っていたら、東尾さんとダブルエースを組み、後に東尾、江川、渡辺監督、工藤、郭の鉄壁すぎるローテを組むことになる。これってライオンズ強すぎるだろ。江川は巨人に入ってよかったかもしれない。「選手の意志を無視するドラフトよくない」と水島が江川を擁護するために描いた「光の小次郎」も読めたわけだし。ちなみに「光の小次郎」は29年前に札幌ドームを登場させた神作品

 そもそもFA制度は「入るときに選択の自由がないなら、入った後に選ばせろ」という理念があるわけで。もし江川事件がなかったら、FA制度の導入は遅れたかもしれない。とにかく、江川事件は球界のルールというか、流れを変えた重大な出来事という認識でいいんでしょうか? 
  
 
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2010/01/18 21:00] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<訓読みより音読み | ホーム | 数字じゃ決められない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/514-6a128df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。