スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
球技と格闘技の違い
 読書感想文を書くのも飽きたなと思ってたらこんな記事が。

内藤は11月29日のタイトル戦で亀田興毅(亀田)に敗れて王座から陥落。試合後、進退問題を保留していたものの、続けることを決めた。2日に都内の病院で精密検査を受け、異常がなければ正式に会見を行い、現役続行を表明する。

 現役続行は止めとけよ。としかいえません。35歳の内藤はあと二年(ボクシングは37歳定年制)しかできませんし、40試合こなしていることからも、体に相当なダメージを蓄積していることが想像できます。現役時より引退したあとの方が人生長いんだから、健康面を考えると引退した方が得策でしょう。
 
 球技なら命の危険はないので、ベテランを応援できますが、格闘技は一試合ごとに体と命を削る競技なので、年齢が高くなればなるほど引退を望みます。先日の亀田戦の勝敗はお互いの顔を見れば明らか、亀田の完勝でした。来年リマッチやるとして、24歳になる亀田に36歳になる内藤が勝てるとも思えません。

 亀田に離れて打つアウトボクシングができたのが意外でした。きっとセコンドに着いていたメキシコ人らしきトレーナーの指導がよかったんだろうな。やっぱりオヤジと手を切って正解だった。あのオヤジはロクなこと教えないのは過去の試合を見ても明らかでしょう。

 試合が終わった後、亀田が内藤に握手を求めて礼を言ったのが印象的でした。試合前の挑発はファンの興味を引くためのプロモーション活動で、試合が終わったらプロモーション活動の必要はないから相手に礼を示す。この当たり前のことがやっとわかったことが亀田の最大の成長でしょう。

 それにしてもボクシングも正しいパフォーマンスのやり方も教えないって、いったいあのオヤジはなにを教えていたんだろう?
スポンサーサイト

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

[2009/12/02 16:42] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<W杯より見たいもの | ホーム | 本で学ぶMLBその2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/488-f23804f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。