スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
FAなんていらない
 久しぶりの更新。最近は読書が忙しくてなかなかブログの更新まで手が回りませんでした。昔読んだ本を引っ張り出して読んでますが、それがけっこう面白い。なにを読んだかといいますと、「煉獄の使徒」、町山のアメリカ本、赤瀬川隼の西鉄研究本、今は「1976年のアントニオ猪木」を読んでます。日本マット界の盟主になるために、猪木の邪魔をしまくった馬場は史上最強のシューター。

 さて、日本でもFA市場解禁になりました。退団と複数年契約を結んでいて宣言不能な除いた有権者は59人。権利を使った選手は5人。FA行使率が10%割ってしまった

 疑問なんですが、有権者の10%も使わない権利に意味があるんだろうか?FA制度が出来たときは、「主力クラスの移籍が活発になるから、勢力図が変わりやすくなって面白くなる」と思ってました。それがこの体たらくとは。

 僕が経営者側の人間だったら「10%も使わない制度には意味無いだろ。MLBに行きたかったらポスティングで出すからFA取り下げろ」ぐらい選手会に言うね。元々FAは「入るときは自分の意志でチームを選べないのなら、入ってから自分の意志でチームを選びたい」という趣旨だったんですが、今では賃上げの材料にしかなっていません。もうFAなんて不要

おまけ

 本日「ブラック企業(以下略)」が上映されます。

そこはデスマ(デスマーチ=倒れるまで帰れずに徹夜連続生活を強いられる状態)だらけの地獄のような職場、残業代って何? な、世にいう「ブラック会社」だった! 責任感のかけらもない上司、中学生レベル以下のどうしようもないイジメ、ありえない納期を平然と押し付ける取引先とそれを受け入れるリーダー。

 どうせなら、「ホントにIT業界はこんなことがまかり通っているのか?」とIT業界に突撃取材するドキュメンタリー作ればいいのに。海の向こうではウォルマートとか映倫とかカード会社にケンカ売る強者がいるんだから。日本の映画作家はMXの「松嶋×町山の未公開映画を見るTV」でも観て勉強して欲しいよな。 
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2009/11/21 16:57] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<本で学ぶMLB | ホーム | おかえりなさい工藤さん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/485-951a36ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。