スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
こういうの大好き
 昨日ショッキングな負け方をして心臓に悪い思いをしたから、ゲームやりながらヤフー動画じゃなくて一球速報を見てたら完敗。木村の初勝利期待したんだけどなあ。宮田の一軍はまだ早いか。

 救いはイーグルスもおつき合いしてくれたこと。これが首位争いなら、お互い負けないまま、直接対決で決着と盛り上がるんだけど、三位争いだからお互いグダグダなまま直接対決で決着と。終盤で負けない勝負強さがあったら、どっちも上位にいるでしょ。

 木曜にモーニング立ち読みしてたら、「のんちゃんのり弁」が映画化とか。まさか約十年前に連載されていたマンガが映画になるとは。正直驚きました。

 離婚して女手一つで娘を育てるシングルマザーの話で、離婚を渋っている旦那に離婚を飲ませるとか、働いて娘を育てる難しさとか重い内容なんですが、読んでて重くならないんですよ。「深刻な話を深刻にさせないのは凄い」と当時読んでて思ったもんです。

娘ののんちゃんがかわいいんだよなあ。「誕生日なに欲しい?」と母親に聞かれて、「お父ちゃん入れて三人で遊園地行きたい」と答えるところがもう最高。この映画の出来はのんちゃん役の子役が握っていると言っていいでしょう。子役がいい映画は名作なのはセオリー

 思えば、僕の嫁はいらんが、娘は欲しいという考えはここから始まったかもしれない。

 マンガを映画化するのは、「20世紀少年」みたいに売れてる作品を取り上げるか、「のんちゃんのり弁」みたいに知名度はないけど、面白いから取り上げるのと二つあると思うんです。どちらかというと僕は後者に興味を持ちますね。前者は誰でも出来るからね。

 「宮本から君へ」を映画化してくれないかなあ。宮本役と靖子役はイケメンでもかわいくもない人使って、拓磨役は石井慧で。僕が業界の人間だったら、企画書書きたい


 
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

[2009/09/05 23:17] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<悪夢のスィープ | ホーム | 西武ドームの借りを仙台で>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/445-75e0afb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。