スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
鬼門快勝
 去年、今年とマリン観戦五連敗。しかも8/2京セラドームから四連敗中。昨日はダブルで連敗ストップを賭けた試合でした。「塩持っていったらハマスタ連敗を止められたから」と塩持っていったら結果出ました

 一久-清水直ががっぷり四つに組んだ投手戦になりました。特に一久は今季最高のデキと言ってよく、終盤に入っても140km/h中盤出すのは痺れました。

 9表に勝ち越して一久が9裏も続投。「一久の勢いで押した方がいい」と僕も続投支持でしたが、そこからもつれる(通称、野球好き)の展開になるとは思っていなかったです。先頭サブローを2-0に追い込んだ時点で「頭殺した」と思ってましたが、まさかそこから同点ソロを打たれるとは。

 ヒザを折った一久同様、僕も呆然としました。しかしそこから大松を三振に取ったところはさすがです。大松を出せばサヨナラの危機になるので、切り替えてアウトを取ったのは経験豊富な一久の真価といっていいでしょう。一久に勝ちをつけたかったな。

 一久のリリーフに立った大沼の五者連続アウトは凄かったです。藤川球児張りの投球でした。あの投球がシーズン通してできたら、年俸一億円超えて、オールスターに出て、WBCに出られると思います。それぐらいの投球でした。

 11回裏二死一塁から小野寺から星野に代えたのは驚きました。普通こういう展開になったら、試合のケリが着くまでクローザーが投げるでしょ。なりふり構わず勝ちを掴む渡辺監督の本気を見ました。

 「ドローでいいや」と「ここまで来たら勝ちたい」という気持ちが半々になった、12回表栗山がやってくれました。二点タイムリーを打って、お釣りが作れたのが大きかったです。一点ならソロで追いつけますが、二点ならランナー溜めないと追いつけないので余裕ができますから。二日連続のお立ち台に立った栗山の勝負強さは素晴らしい

 12裏には太陽登板。ブルペンは使い果たして、誰もいない、頼れないというタフな状況だったと思いますが、よく抑えてくれました。二死とって、橋本将にツーベース打たれても、お釣りがあったから安心できましたし。それにしても低打率の早川とバーナムJrを立たせて、福浦を出さないのはよくわからなかったです。

 このカード終盤もつれたらマリーンズが勝っていたので、負けパターンを崩せたのは大きいです。今日勝ってスィープできたら素晴らしい。

8.12スコア

 初めてマリンのスコアボードを写せたのは嬉しいな。スタメン発表のとき、バレンタインは映像だけでアナウンスがないのがかわいそうでした。いくらフロントとうまくいってないからって、子供じみた嫌がらせしなくてもいいのに。

 マリンには今年三回行きましたが、だんだんマリサポがトーンダウンしているのが気になります。開幕三戦目はマリサポの熱気に圧倒されたのに、昨日は圧倒どころか五分でした。下位に低迷、内部抗争で愛想つかしたファンが多いと見ます。やっぱり「19連敗を経験していないマリサポはにわか」説は真実だったか。

スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2009/08/13 15:14] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<名将のトークショー | ホーム | ファーム視察>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/430-2aa1f968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。