スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
あの夏を忘れない
 もうすっかり忘れられている2004年の再編騒動。風化させたら解散した近鉄バファローズに失礼だと思うので、忘れちゃいけない。だから今日はこのことを書きます。

 今思えば、バファローズ解散を阻止するために取った方法が署名運動ということが間違っていたと思います。例えば打ち切りが決まっているテレビ番組、廃刊が決まっている雑誌を存続させる最大の方法はなんでしょう

 それは視聴率と部数を上げること。いくら署名運動をやっても、視聴率と部数が低迷してたら存続できるわけがありません。自戒を込めて書きますが、あのとき僕らが取る方法は、大阪ドームもしくはビジターのバファローズ側を埋め尽くすことだったと思います。

 いくら署名を集めても、肝心の大阪ドームがガラガラならなんの説得力も持ちません。プロ野球ファンはプロ野球は興行。チームの身売り、移転、解散を阻止したいならスタジアムに行くことを理解すべきでしょう。

 あのころプロ野球は文化と言われてましたが、それは興行がベースになっての話でしょ。プロ野球が文化と言うなら、チームの身売り、移転をどう説明するんですか?ホークスが救われてバファローズが救われなかったのは、興行的にうまくいっていたかいかないかの差でしかなかったと思います。

 もちろん、「興行的にやっていけないし、面倒を見てくれる企業も見つからなかったので、ブルーウェーブとの合併を選択しました」とファン、選手に丁寧に説明しなかった経営者側の怠慢も許せるものではありません。

 最後に「プロスポーツとはなにか?」ということを最もわかりやすく表した言葉を書いて〆ます。

(柔道からプロレスに転向したばかりの小川)「プロレスってなんですか?」
猪木「興行だよ

 おまけ

 唯一バファローズに手を挙げた堀江貴文ですが、週刊ベースボールのインタビューを読んで、野球への愛情が感じられなかったので期待していませんでした。覚えているのが「チームを持っている企業を見ていると日本の産業史がわかる」じゃ話になりません。この言葉に野球への愛を感じられます?

 せめて「自分のチームをヤンクス、レアルのような世界的なブランドにしたい」ぐらい言えば応援したのに。残念。

 ライブドアと楽天の参入騒動ですが、「どう転んでも12チーム制、二リーグ制が守られるんだからどっちでもいいじゃん」とか「仙台市民が楽天に来て欲しくないというなら、鹿児島にくれよ。自分の住んでいる街にプロ野球チームがあることがどんなに恵まれているか全くわかっていない」と思ってました。まあ関心が無かったことです。

 今思えばライブドアを追い出したナベツネはスゲエ。一政治部記者から成りあがって創業者一族を追い出して巨大コンツェルンを乗っ取ったお方は違う。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2009/07/27 21:37] | プロ野球 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。