スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ラバーマッチ展望
 明日は三度目の日韓戦。一勝一敗からケリをつける、いわゆるラバーマッチというやつです。06年WBC、北京、今大会の日韓戦を振り返って見ます。

06年WBC
韓国3-2日本
韓国2-1日本
日本6-0韓国

北京
韓国5-3日本
韓国6-2日本

09年WBC
日本14-2韓国
韓国1-0日本

 スコアを見てみると、日本の勝ち(負け)パターンが浮かび上がります。つまり、「三点以内に抑えられたら日本の負け、五点以上取れば日本の勝ち」ということです。

 明日はダルが韓国を抑えるかより、日本がボン・チュングンを打てるかがポイントになるでしょう。なので明日のキーマンは日本の野手全員

 日本の攻撃力を上げるためには、明日は中島が出られたらベター。出られない場合は片岡が打って走ってかき回していただきたい。
 
 日本にとって心強いのは、キューバ戦で小笠原、岩村に当たりがでたこと。あとなぜかヒール役を買って出ているイチローがグラウンドでヒールになったら頼もしい。

 残念ながら明日は生で見れませんが、日本がロサンゼルスに行けるように念送ります!
 
スポンサーサイト

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

[2009/03/17 22:48] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<屈辱、ふたたび | ホーム | 最強の刺客>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/356-036ab948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。