スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
他人の財布には興味ありません
 12月。この時期のプロ野球の話題といえば契約更改ですが、ここでは契約更改のことは書きませんチームの総収入のうち、どれぐらい人件費に割けば健全に経営できるか?というソースを出さない限り選手のギャラについて語れないと僕は思っています。

 例えばチームの収入が10億円しかないのに、一人の選手にギャラ一億円払えるわけないでしょ。その選手がタイトルを総なめにしたとしても不可能。チームが破産しますって。ソースを押さえていないギャラの話は不毛な感情論になるのがオチです。というわけでギャラの話はスルー。ギャラの話より書きたいことはいくらでもあるんだし。

 しかし契約更改で揉めるのを見るたびに、「だったらワンナウツ契約でも結べばいいのに、活躍したらギャラは青天井でもらえるんだから文句ないでしょ」と思うのも事実です。ちなみにワンナウツ契約とはワンアウト=500万、一失点=5000万という究極の出来高契約のことです。これを今季の岩隈で換算すると、

30億2500万(500万×605(201 2イニングス)-24億円(5000万×48(失点))=6億2500万

 NPB高給ナンバーワンをゲットしちゃったよ。さあみんなでレッツワンナウツ契約!

 流行語大賞が発表されたようです。僕的には「あなた最低です」に決定。どこから来ているかわかった人はコメント欄に書いてください(笑)
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2008/12/01 23:12] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<サッカー界景気の悪い話 | ホーム | 侠気のススメ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/298-f65696cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。