スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
長野久義選手への手紙
 拝啓、秋も深まり冬に変わりつつある今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか。ニュースで見ましたが、巨人志望は変わらずマリーンズ入団を拒否するとか。僭越ですが、このことについて一つ二つ申し上げたいことがあります。

 巨人に入りたいという貴方の夢はわかりますが、巨人は辞めたあとの面倒まで見るでしょうか?今季ライオンズの退団者は七名いますが、チームに残れたのは高木浩、田原の二名だけです。終身雇用など存在せず、腕一つで食っていくのがプロの世界。それなのに巨人にこだわる必要があるのでしょうか?

 結果を出してもチーム戦略の犠牲になって放出されることもあります。例えば、ファイターズのMAICHEL選手。四年間で102Sを達成し、ファイターズ連覇に貢献した選手です。しかしチームの打撃を強化する方針の犠牲になって巨人に移籍することになってしまいました。

 MAICHEL選手を出すことはチームにとって断腸の思いだったはずです。しかしチームの打撃を強化するためにはやむを得ない選択だったのでしょう。このように、チーム戦略の犠牲になって放出されるケースもあるのに、巨人にこだわる必要はあるのでしょうか?長野選手のチーム愛に巨人は応えてくれるのでしょうか?

 忠誠を誓うチームとは、好きなチームではなくオファーを与えてギャラを払ってくれるチームというのがプロ野球選手としての生き様ではないのでしょうか?巨人の清水ではなく、プロ野球選手清水として生きることを選んだ清水選手を見ていると、このことを強く思います。

 巨人に入りたいのはワガママ、他球団に入りたいのはドラフトの犠牲者という矛盾した考えは私は持ってません。もちろん貴方の人生ですから、貴方がどういう選択をしても私は批判しません。しかし巨人の選手として生きたいか、プロ野球選手として生きたいかをしっかり考えて結論を出していただきたいです。

 めっきり寒くなってきましたが、アスリートに取って風邪は大敵なのでどうかご自愛ください。

敬具

 
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2008/11/25 23:22] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<日テレ深夜レビュー 第八話 | ホーム | 現代の非国民>>
コメント
絶滅危惧種
最近、滅多にみないけどこんな奴まだいたんだとある意味感動しました(笑)

プロで彼は何年できるのかしらないが、もし蹴ったら貴重な一年を無駄にする事は間違いないのだから。

今では活躍すればFAもある訳で出場すらままならない巨人は逆に避けられてもおかしくない時代だと思うのだが?
ある意味希少な選手だと思うので、後々ドラフト指名うけただけの選手との肩書きにならねばいいのだが(笑)
[2008/11/26 15:21] URL | やん #- [ 編集 ]
>やんさん

 長野は二年前にもファイターズからの指名を拒否しているので、実質三年のロスですね。

 せいぜい40歳前後ぐらいしか現役がやれないのに、丸三年ロスする意味はあるのかな?と疑問です。
[2008/11/26 22:48] URL | だい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/294-586a59df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。