スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
青の進軍はまだ止まらない!
昨日書こうと思ったけど、飲みながらスポーツニュースハシゴして更新どころじゃなかったから、今日更新。

 試合前「グリンも持ち直してくるから簡単にはいかないだろうな」と思ってました。2裏の後藤先制ソロで気持ちが楽になって、落ち着くことができましたし勢いを掴むことができました。3裏二死ランナー無しからの四得点で優勝するって雰囲気になりましたよ。

 四戦同様片岡が起点になりました。3裏二死一塁ランナー片岡。ここで走らせてワンヒットで得点というシチェーションを作るということは、素人でも思いつきます。ミエミエの場面でキッチリ盗塁を決めてくる片岡は凄いとしかいいようがありません

 栗山ヒット、中島タイムリーで二点目を取り、二死一、二塁打者中村。そこでファイターズベンチが動かなかったことが疑問です。「ランナーが溜まってホームランキングが打席にいるのに、なんで動かないの?今日は総力戦じゃないの」と思ってたら、中村、義人連続フォアボール。ライオンズの攻撃に圧倒されたグリンは全くストライクが入る気配がありませんでした。

 そして右の後藤に左の藤井をぶつけるチグハグな継投。藤井が後藤にタイムリーを打たれて五点目が入ったとき事実上ゲームは決まりました。ファイターズベンチはなにを考えていたんだろう。無策すぎます。ファイターズベンチの意図が全くわからないままプレイオフは終わりました。


 四戦の一久同様、この日の涌井は素晴らしかったです。常にストライク先行で、キッチリ内野ゴロを打たせる投球には芸術すら感じました。7表に入ると、「去年山井が出来なかったポストシーズンでのパーフェクトを涌井がやる」とか「ファイターズは二年連続ポストシーズンでパーフェクトを喰らうのか」と思ったぐらいです。ビッグマッチで見せる頼もしさは松坂をホウフツとさせました。涌井に背番号18を。文句なしのMVPです。後藤といい涌井といい横浜高校には足を向けて眠れません

 「優勝するんだな」と思ったのは、9表二死を取って、ベンチ入り投手がグラウンドに飛び出す準備をしてブルペンが空になったときです。稲葉を三振に取ってゲームセット。ゲームセットから胴上げまでは自分がなにをやったか記憶に無いので、壊れてたんだろうな

 九月下旬から、「来年以降優勝する保証はどこにもないから、行かないと」とか「カブスなんて百年待たされるてるんだから、行かないと」と頑張ってスタジアムに行った甲斐がありました。初めて見る胴上げは、まさになにも言えねえです。 

 リーグ優勝を決めた試合は西武DでPVを見ていましたが、優勝を決めたときは半泣きでした。しかし昨日はニコニコしながら胴上げを見ることができました。楽勝だったということもありましたが、リーグ優勝前の苦戦を体験して、タフになったということもあると思います。四、五戦は選手もノビノビやっていたように見えましたし。リーグ優勝前の苦戦がチームを一回り大きくしたのは事実のようです。

 短期決戦に慣れているファイターズを三勝三敗ではなく、三勝二敗で退けたのは大きいと思います。このチームは強くなりました。日本シリーズが楽しみです。日本シリーズの相手は巨人がいいなあ。ドラだったらMAX三試合しか見れないけど、巨人だったらMAX七試合見られるし。ドラには2004年に勝ったけど、巨人は2002年スィープの借りを返したいし。

 とにかく、あと三週間は野球を楽しめることが嬉しいです。

幻の第六戦

 当然払い戻しました。金は週末使うんだ。

日本一へ!

 青の進軍はまだ止まらない!
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2008/10/23 21:31] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<プレイオフ総括 | ホーム | PO2S四戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/275-b610dace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。