スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
プレイオフ前夜
 ビリー・ビーンは「自分の仕事はチームをプレイオフに連れて行くだけ。運や勢いという不確定要素の強いプレイオフには責任を持てない」と言っています。

 これは、「一時の運や勢いだけでは勝ち進めず、選手の技術・体力、ベンチの采配、補強を司るフロントなどチーム力を総合的に問われる長期戦(ペナントレース)こそチームの優劣を決めるにふさわしいもので、一時的な勢いだけで勝ち進める短期戦(プレイオフ)ではチームの優劣は決められない」という考えからでしょう。正論です。

 しかし「ライオンズの強さはペナントレースを制したことで証明できた。プレイオフは雰囲気を楽しむパーティーのようなもの」なんて考えるには僕は人間が出来ていません。プレイオフも勝たせていただきます。優勝チームなのにリーグの代表になれないなんて悔しいじゃないですか。僕に取ってプレイオフは、負けたらなにも残らない果し合いと同義語です。

 プレイオフのポイントはいつもどおりの野球が出来るかでしょう。オフェンス全開な野球でパリーグを制したチームが、今さらディフェンス重視な野球が出来るわけがありません。こんな器用なことができるなら、90勝以上してますって。

 シーズン中僕は「五点以上取れたら勝ち、取れなかったら負け」と割り切って見ていました。プレイオフも同様です。ライオンズがオフェンス全開な野球ができるか、ファイターズがディフェンス重視な野球ができるか、どっちがいつもの野球が出来るかが分岐点になるかと。

 明日の初戦が最初の山場ですね。明日落としてアドバンテージを消すのは人が好すぎますし、バカバカしいので明日取って2-0にしたいです。そうなるとファイターズにとって二戦目は落とせなくなるので、先発(予定)ダルにプレッシャーが掛かるでしょう。上手くいけば王手掛けられます。

 僕はプレイオフを三連戦×2と思っています。ライオンズは2-1、1-2でいいので、両方とも勝ち越さないといけないファイターズに比べたら有利でしょう。もちろん最初の三連戦を勝ち越せたらかなり優位に立てます。優位に立つためにも明日は落とせません。涌井よエースであることを証明してくれ

 今からドキドキしてきました。やっぱプレイオフはこうじゃないと。去年味わえなかった緊張感を味わえるのが嬉しい。

 来週の今頃は日本シリーズを考えていることを信じています。
 
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2008/10/16 22:34] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<PO2S初戦 | ホーム | 日テレ深夜レビュー 第二話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/270-73791cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。