スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
西武D行きのチケットはファイターズ
 1Sはファイターズのスィープ決着でした。予想外した。オリックスは二試合とも一度もリードを取れなかったので、完敗・力負けと言っていいでしょう。一発も無く、いつもの野球が出来なかったなというのが印象です。

 解説野田は「ダルが投げる初戦を捨てて、二戦目に勝ち頭小松を当てるのは理屈に適ってるようだけど、落とせない二戦目はかなりプレッシャーが掛かるので、初戦はダル-小松のエース対決でよかったのでは?もし初戦取れたら二戦目はファイターズがプレッシャーが掛かるわけだし」と言ってました。正論だと思います。今日は一輝・後藤のありえないタイムリーエラーが致命傷になったところを見ると、オリックスにかなりプレッシャーが掛かっていたことは想像できます。

 これで2Sの相手はファイターズになりました。対戦相手が決まったので、テンション上がって来ました。昨季の巨人を見るまでもなく、日本シリーズに出られないとリーグ制覇した喜びは薄れるので、プレイオフは落とせないです。リーグ制覇したのに、パレードも優勝旅行も無いのは面白くないでしょ。だから絶対に勝たないと。燃えてきました。

 昨日、今日と大阪Dに清原が来てました。拍手したり、ローズのマネをやったりとかなりリラックスして野球を観ていたのが印象的でした。清原に取って野球とは、楽しむものというより、戦うものという意味合いが強かったのでは?と思います。

 20数年日本野球のど真ん中に居続ける重圧は、僕らが想像できるようなものではなかったはずですから。清原の笑顔を見てると重圧から解放されて、やっと野球を楽しめるようになったんだなと思えてならなかったです。 

 おそらく数年後には野球を戦いと思う日々が戻ってくるでしょう。そのときまで野球を楽しんで欲しいと僭越ながら願っています。
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

[2008/10/12 23:13] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<セリーグ総括 | ホーム | 最下位二様>>
コメント
だいさんこんにちは。
CS1ステージは、両監督の采配が運命を分けたのかもしれませんね。
大石監督の狙いは分からないでもありませんでした。
だって、ペナント中は全く打てないハム打線でしたから。(汗)
それに対してダルには今季完敗。
そうなれば、対ダル戦は捨てても、ぐらいの気持ちがあったのは分かるかなあと。
それに対して梨田監督は、良い意味でひねりのない戦法で。
意外とこういう試合って、考えすぎないでシンプルに選手を信じるのが
いいのかななんて、難しいこと考えるのが苦手な私は思ってます。
選手を信じることに関してはライオンズも強いと思うので
さあ、2Sはどういう展開になるんでしょうね。ドキドキー!
熱い戦いが間もなく始まります。お互い応援気張りましょう!

リンク、貼らせていただきました。とても嬉しかったです。ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。
[2008/10/13 14:59] URL | アキ #VZRdE7nc [ 編集 ]
>アキさん
>意外とこういう試合って、考えすぎないでシンプルに選手を信じるのが
いいのかななんて、難しいこと考えるのが苦手な私は思ってます。


 おっしゃるとおり、いい投手から先発させると後の試合で負担無く使えるので、素直にいい投手から投げさせた方がいいと思います。

 例えば昨季ポストシーズンのレッドソックスのローテは、

初戦 エース ジョシュ・パケット
二戦 経験と根性のあるカート・シリング
三戦 先発陣の中で最多イニングを記録した松坂

 のように、いい投手から投げさせていましたから。

>リンク、貼らせていただきました。とても嬉しかったです。ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします

 こちらこそありがとうございます。こっちでも貼らせていただきますね。プレイオフはいい試合をしましょう。

 
[2008/10/13 22:27] URL | だい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/266-c67e32fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。