スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
たまには政治について考えてみた
 数日前「嫌われ松子」を観てたら、いきなり福田総理辞任会見に切り替わったから驚いた。ドラマ観てたらビルに飛行機が突っ込んだ映像に切り替わった9.11以来の衝撃でした。

 元々自民党員以外誰も認めていない総理大臣だったので、辞任は当然でしょう。よく一年持ったと言うべきですかね。さすがに総理大臣が二年連続密室で決まるのは国民を舐めきっていると思うので、潔く解散総選挙をやっていただきたいです。

 国民が見たいのは自民党内の馴れ合いより、自民VS民主のセメントマッチなんだから。麻生総裁(予定)ならセメントマッチよりアリスゲームと言った方がシックリするね。選挙やったら戸山恒一の政見放送が見られるオマケつき。

 どこが政権取ったり、誰が総理になるにしても、雇用対策を一番大事に考えて欲しいですね。職場で雨が降る夕方になると、いつも衝撃的な光景を見ています。そのときは「これが日本のリアルなんだな」と考えさせられますから。

 十年前僕が学生だったころはワーキングプアや格差社会という言葉はありませんでした。十年後日本から移民が出たり、スラム街が出来たとしても僕は驚きません赤木智弘(あえて極論を言って議論を起したかった確信犯でしょ。望んで戦争を起して欲しい人がいるとは思えない)は極端にしても、なにか思い切ったことをやらないと変わらないだろうな。
  

 
 
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

[2008/09/05 23:52] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<野球日本代表が惨敗した理由 | ホーム | 最大の正念場>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/245-98deb8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。