スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
駆け込みトレード
 「MLBではプレイオフに入りたいチームは最後の補強に動くし、ギブアップしたチームは来季を見据えて主力と引き換えに若手を取るからトレード期限日に当たる7/31までに大きく動く」と聞いていたので、7月下旬からはMLBの動きをチェックしていました。クエト、トロウィッキー、レイエス、プライス、パペルボンが移籍しただけでも驚いたのに、最後にセステベスが動いたのには驚いた。「マネー・ボール」に「アスレチックスはオールスター前後でチームが全く異なる」と書かれていたのはホントだったんだなと。

 ここで一つ疑問が。トレード期限日はMLBと同じ7/31なのに、なぜNPBは動かないの?混戦しているセリーグなら「ワンプッシュさえあったら、抜け出せる」と最後の補強に動いてもいいのに、全く動かない。NPB全体でも7月になって外国人を数人取るだけしかないという現実を見ると、「やる気あるの?」を思ってしまいます。

 MLBのチームは球団株を上場していると聞きます。つまり、常にチームの価値を上げないと、株が下がってしまうから必然的に勝ちを狙うしかないのかなと。もし補強に動かずチームが低迷したら、株主から白い目で見られますし、株も下がってしまうからいいことがありません。MLBとNPBも根本的な違いは、勝つことに対する執念なのでは?と思います。

 ライオンズは増田、髙橋朋の前の7回が不安ということはずっと言われていたのに、なにも動きませんでした外国人の補強に動いてもよかったし、球速が140キロ後半まで戻っているなら、藤川獲得に動いてもよかったのに。ライオンズのガチ、マジとはなんなの?と疑問を持たざるを得ません。ファンを始めて30年、初めてファンを辞めたくなっています(ああ言っちゃった)。もしファンを辞めるとしても、いまさらNPBの他のチームを応援する気はないので、MLBを見ようかと思っています。ネットで情報を集めて、BSで試合を見て、年一でアメリカに行けたら満足だろうし。
スポンサーサイト
[2015/08/01 12:35] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<世界戦観てきます | ホーム | 近代MLBを作った事件>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1705-c8e06c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。