スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
近代MLBを作った事件
 恥ずかしながら、最近「エイトメン・アウト」の原作本があったことを知ったので、図書館で借りてヒマなときに読んでました。前から、人と地名が入ってこないので、洋書は苦手でした。だから読み終わるまでけっこう時間が掛かりました。

 「ブラックソックス・スキャンダル」についての解説は省きますが、「なぜMLBの選手会の力が強いのか、MLBコミッショナーの影響力が強いのか」が本書を読んでわかりました。ホワイトソックスの選手がワールドシリーズを売ったのは不当に年俸を押さえつけるオーナーへの反抗だったわけです。でも、プロである以上、試合を人質にしてお金を儲けていいわけがありません

 だから選手が結束して経営者側と戦わないといけないのです。もし当時、選手会が機能していたらホワイトソックスの選手がワールドシリーズを売ったとは思えません。

 ワールドシリーズでの八百長が明るみに出た後、収拾に当たったのは当時コミッショナーに就いたケネソー・ランディスでした。ランディスは「八百長を知りながら報告しなかったのも同罪」という厳しい態度で対応しました。つまり、コミッショナーには強い権限を与えてMLBを統率しないといけないということです。

 「ブラックソックス・スキャンダル」は近代MLBの基礎を作った事件と捉えることができたので、慣れない人名や地名に苦しみながらも読んだ価値がありました。でもこの本は絶版なんだよね。ノンフィクションとしてもいい出来なので、復刊を願います。

スポンサーサイト
[2015/07/27 21:26] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<駆け込みトレード | ホーム | 史上最高の四人>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1704-b6c7b669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。