スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
NPBの未来について思うこと
 5日のサンデースポーツで、「プロ野球の未来(だぶん)」を議題に、星野、中居くん、小宮山、小林 至が討論していました。それを見て思ったことを書きます。少し遅くなって申し訳ない

 この四人の討論以外でもツイッターで視聴者から「エクスパンションをやって欲しい」とか「レンタル移籍を導入して欲しい」とか「コミッショナーに権限を持たせて欲しい」とか意見が出ていたけど、最も大事なのはNPBをどういう組織にしたいかというゴールの設定だと思う。

 つまり、昇降格があり、ドラフト、サラリーキャップなど戦力均衡案がない欧州サッカー、Jリーグのようにするか、昇降格のない固定制で、ドラフト、サラリーキャップなど戦力均衡案があるMLB、NFLのようにするか選ばないとNPBの改革はないと。個人的には世界で最も繁栄しているスポーツリーグと言われるNFLをモデルにして欲しい。NFLはカレッジ、NPBは高校野球とプロの人気を凌ぐアマスポーツがあるという共通点があるし。

 星野は「交流戦を減らしたのは残念」と言っていたけど、交流戦のプレミアを上げるという意味では交流戦を減らすのもアリだとしても、その代りに公式戦を増やして公式戦の価値を減らしたのはどうかと思う。交流戦を18試合にするなら、公式戦を100試合に減らして両方の価値を上げてはどうだろうか。NFLは16試合しかやらないからどのカードもプラチナチケットになるというし。

 コミッショナーの権限を強化して欲しいという意見もあったけど、MLBのコミッショナーだった前任のバド・セリグは年俸20億円と言われてるのに対して、NPBのコミッショナーは年俸二、三千万円と聞きます。MLBのスタープレイヤー並みに給与をもらうMLBのコミッショナーには相応の責任感を与えることが出来るけど、若手選手なみの年俸しかもらわないNPBのコミッショナーに責任感を持たせることができるのだろうか。

 NPBのコミッショナーにはNPBのスタープレイヤー並みの給与四、五億円を支払わないと責任感を持たせて働かせることはできないと思うよ。

  ダメ出しばかりするのもどうかなので、NPBに望むことを以下書きます。

エクスパンション...二チーム増やして14球団制にして欲しい。MLBみたいにセパ一チームずつ増やして余ったチーム同士で交流戦をやろう。

サラリーキャップ...年俸総額が最も高いホークスと最も安いベイスターズとの差が二倍というのはどうかと思う。一定額以上の年俸総額を払っているチームにはペナルティーを与えて年俸格差を縮めないと

クライマックスシリーズの廃止...去年のタイガースのように最後まで勝ち残ったのに関わらず、リーグチャンピオンの称号もなく、胴上げもビール掛けもパレードも優勝旅行もない寂しいオフにさせるのはかわいそう。MLBやNFLのように公式戦は予選、プレイオフは本選と位置付けて欲しい

球団株の上場...アメリカの四大スポーツや欧州サッカーは球団株を上場して利益を上げていると聞くし、海外では企業ではなく投資家がチームを持つ時代になっていると聞くので、流れに乗ろう。投資家がチームを持つと、チームの資産価値と株価を上げるために補強や施設の改善をやってくれるはずなので、補強からファンサービスを含めて今よりよくなることは賭けてもいい

 あとは思いついたら書きます。

 

 
スポンサーサイト
[2015/04/09 22:18] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<プロの洗礼と雑なプレーとデッドライン | ホーム | サバイバル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1680-663de7a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。