スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
NPBが新日に学ぶ日
 部屋のスペースの都合上モノを増やしたくないので、本は図書館で借りるようにしているのですが、「木村政彦は~」のように「文庫化したら買おう」と思うこともあります。「球界消滅」もその類でした。

 細かい話は初めて読んだ時の感想文に譲るとして、なぜNPBとMLBの経営規模が全く違うのか?と疑問に思いながら読み進めるうちに、NPBの野球協約に「プロ野球は文化的公共財」と書いているのに対して、MLBの野球協約には「国民的娯楽(ナショナル・パスタイム)」と書いてあることに気づきました。答えはそこに全てあります

 2004年のバファローズ・ブルーウェーブの球団合併のとき、「近鉄バファローズが吸収合併されるのは、お客さんが入らずに興収が上げられないから」という事実を見て見ぬフリをしたことについては自戒を込めて書きます。もし近鉄バファローズがお客さんが入って、興収が上げられるならホークスを買収したソフトバンクのようなホワイトナイトが現れたでしょう。

 つまり、プロ野球はエンタメ産業なのだから、お客さんが入らずに興収が上がらないなら最悪チーム消滅もありえるということを頭に入れた方がいいです。ドジャースのフロントはエンタメ産業を学ぶためにディズニーランドに行くという話を聞いたことがありますが、これには「ディズニーランドはエンタメ産業として、競合相手の一つだから、ディズニーランドからお客さんを奪うぐらいじゃないといけない」という意図もあると思います。

 今新日本プロレスの人気が上がり続けていると聞きます。お客さんも入るようになったし、本屋に行ったら新日本プロレス関係の本も多いですし、新日復興についてビジネス誌で特集を組まれるほどと聞きます。NPB機構、球団関係者含めて「プロレスのチケットはプロ野球のチケットより遥かに高いのに、なぜ新日にお客さんが入る?」と疑問を持って、新日視察に行った人間はいるのだろうか。もし「親会社になったブシロードがお金を出すようになったから、新日は復興している」ぐらいの考えしかないのなら、NPBの将来は暗いと言うしかないです。

 NFLは大相撲を参考にして、強いチームは強いチームと戦わせて独走するチームを出さないようにすることでシーズンの興味を持たせていると本作に出ています。NFLが大相撲を参考にするなら、NPBが新日を参考にするぐらいはやっていいと思うけど。

 長くなりそうなので、続きはまた書きます。
スポンサーサイト
[2015/01/26 21:37] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<一、二軍班割りに見る春キャンプ | ホーム | センバツ前に見たい映画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1656-0c129c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。