スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
伝説
 一翔が40戦無敗のオーレドンを下してミニマムを取ったときも驚きましたが、今日の井上はそれ以上の驚きがありました。二階級上げるだけでも、「体は作れるの?」と疑問を感じるのに、相手が現王座を11度防衛しているナルバエスと聞いたときは、無謀だろと呆れたものです。

 あまりに呆れたので、ここでも書きませんでした。それが四度倒しての二回KOとは。信じられないと呆然としました。今まで井上は一翔と戦って欲しいと思っていましたが、Sフライまで上げたならバンタムの山中と戦って欲しいです。

 Sフライは井上、河野、フライは一翔、バンタムは山中、亀田知毅、Sフェザーは三浦、内山、ライトはリナレスと今のボクシング界はメンツが揃っていると思うんです。メンツが揃っているなら、あとはマッチメイクでしょう。上記の面々が直接対決をするなら、絶対チケットは売れるし、視聴率も取れます。内山×三浦の統一戦なんて一番見たいカードだし。

 アメリカでは、金になるなら敵対しているプロモーターでも手を組むというし、ボクサー本人も「稼げて、後に名勝負と言われるのなら戦いたい」とビッグマッチを希望すると聞きます。日本でもビッグマッチを組んだらどうかと。辰吉×薬師寺、畑山×坂本みたいなカードを組んだらボクシング界はもっと盛り上がると言い切ります!
スポンサーサイト
[2014/12/30 22:05] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<V9巨人に見る強いチームの作り方 | ホーム | 2014年の黒田博樹>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1647-6e3b9be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。