スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
補強のプランはあったの?
 かの団野村は「交渉するときは三つぐらいプランを持っていく、一番いい選択肢をプランAとすると、二番目にいい選択肢(落としどころ)はプランB、最悪の場合(交渉打ち切り)をプランC」という戦略を持って交渉に臨むらしいです。ライオンズの補強を見ていると、ノープラン、行き当たりばったりなのでは?と疑いたくなります。

 ライオンズが補強しないといけないポジションは最多起用数が脇谷の56試合というサードだと思います。中島、小谷野を取りに行ったのはこういう事情があるからだろうし。問いたいのは中島、小谷野がこない場合、プランCを用意していたのかと。

 補強した外国人が一、二塁、外野をこなすセラテリをなぜ取るのか?「中島、小谷野のうちどっちか来るだろ」という甘い見通ししかなかったんだろう。中島、小谷野の交渉決着まで待てない、外国人との交渉に入るタイミングがあるのもわかりますが、レスターとかサンドバルを取るという話じゃないのだから、中島、小谷野の交渉決着まで待てなかったのかなと。

 今年メヒアをシーズン途中で取れたので、「新外国人はキャンプインまでに決まればいい」と長期的に交渉できなかったのかなと。中村がフルにサードを守れるとは思えないので、中村と交互にサードとDHに入るつもりでサードを守れる選手を取った方がいいのに。六、七番を打たせるつもりで取るので、粗っぽくても一発のあるマクレーンみたいな選手を希望していました。

 おそらく今季は中村と交互に山川、脇谷、渡辺直人、がサードに入ることになるでしょう。これでは山川のブレイクがないと面白くないというか、優勝はおろかAクラスも望めないですね。資金で負けるなら、穴を的確に埋めるフロントの頭脳で勝負して欲しいというか、勝てないでしょう。

 そうそう、「なぜ伊原に指揮を執らせたか?伊原へのバックアップ(補強)はできたと言えるのか?」という任命責任もフロントに問わないといけないよね。黄金時代メンバーで誰が欲しいか?と言われたら、僕は根本と即答します。
スポンサーサイト
[2014/12/23 21:45] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2014年の黒田博樹 | ホーム | 一般人からアスリートまで致命傷になる部位について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1645-48f82568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。