スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2014年投手MVP
 2014年投手MVPは、髙橋 朋巳を選びます。

 髙橋の140キロ後半ながら、ストレートで圧倒するピッチングは痺れます。個人的には左の藤川と読んでいます。かつて、藤川のストレートはわかっていてもなぜ打てない?という記事を読みましたが、同じことを髙橋で書いて欲しいです。髙橋の投球を見ていて、ほぼストレート一本なのになぜ抑えられる?という疑問を持ったままシーズンが終わりました。

 髙橋の29Sというセーブ数は、髙橋が抑えに回ったのは五月で、チーム全体で63勝しかできなかったということを思うと十分でしょう。平野が40Sを達成できたのは、バファローズが80勝したからだし。去年髙橋がプレイオフを賭けて負けられない終盤にリリーフで好投したのを思えば、今季は開幕から抑えでもよかったと思いますが、今更ですね。

 そもそも、左のリリーフはワンポイントという選択肢を考えると、クローザーにしづらいんですよね。左でクローザーをやっている投手は岩瀬ぐらいしか思い浮かばないし。左でもクローザーができるという可能性を見せただけでも、髙橋はけっこうな選手だと思います。

 髙橋の強みはイニング数より奪三振数が高いというところです。力で押せる投手は観ていてゾクゾクするので好きです。横浜戦で力勝負でブランコから三振に取ったところは感動したな。

 ここ数年のライオンズを見ていると、9回を決めると、あとは調子のいい順番から投げさせる、逆算の継投ができるのになぜクローザーを変えるのか?と不思議なんですよね。2011年の牧田は翌年も抑えをやって欲しかったし、2012年の涌井は翌年も抑えをやって欲しかった。田邊監督、来年も髙橋にクローザーをやらせてください!

 前々から、かなり頑張ったから年俸アップはもちろん、34か47の左投手の定番になっている背番号を与えてもいいと思っていました。背番号変更の噂も聞かないので、髙橋は来季も43でいくみたいです。日米野球も43を着けていたので、本人のこだわりがあるのかなと思っていますが、どうでしょうか
スポンサーサイト
[2014/12/11 21:34] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2014年野手MVP | ホーム | 2014年ベストマッチ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1641-23aa5538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。