スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
サードをさがして
 今季ライオンズのサードに就いた選手の試合数は脇谷の56試合ということを考えると、小谷野、中島の補強は最善の選択だったんだと改めて思います。今更な話ですが。

 このまま補強のないままだと、脇谷、渡辺直人、鬼崎の移籍組が交互に守るか、守備や打撃の粗さに目をつぶって山川を使うかの二択になるので、ウィンターミーティングに参加する渡辺SDがいい外国人を取ってくるのを祈るのみです。

 もし外国人を取るとなると、打順は浅村、中村、メヒアのあとの六、七番を打つことになると思われるので、ハードルは低いですね。って去年同じことをランサムに言ったか。

 メヒアが来たのは、同じチームに25歳で複数年契約を結んだフリーマンとポジションが被るからという理由を聞いたことがあります。つまり、若い選手がレギュラーを張っているチームにいい選手が眠っている可能性が高いということです。僕なら、ロンゴリアがいるレイズを調査しますね。「ロンゴリアがいるからサードを守れない、コンバートするか、移籍するか」を悩んでいるパワーヒッターがいそうじゃない。

 個人的には粗いけど一発があって、守備も上手かったマクレーンの再来を希望します。守れてホームランが打てる選手なんて、日本に来るわけないんだから高望みはしません。小谷野、中島に振られた今、楽しみはこれだけだよね(涙)
スポンサーサイト
[2014/12/08 21:56] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2014年ベストマッチ | ホーム | 中島日本復帰に思うこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1639-c82f79d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。