スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
中島日本復帰に思うこと
 久々の更新。12月はVBAの学習に費やすつもりでしたが、先週から腰痛と風邪のダブルパンチに見舞われて、勉強どころじゃなかたです。VBAの受験は来年1月に持ち越しかな。

 前々から中島を取るなら、中島のライオンズ最終年の2.8億が限度、メジャーで一打席も立たなかった中島にそれ以上出したら、中島不在の二年間を頑張ってきた選手に失礼だと思っていました。

 バファローズが中島に三年3.5億を用意したという話を聞いて、メジャーで一打席も立っていない中島にここまで出すなら、青木や川崎は20、30億出さないといけないなと笑ってしまいました。ボラスに踊らされすぎ

 FA、メジャー帰りの選手を取るときは、ちゃんと適正な年俸なり、年数を考えて相手がそれ以上吹っかけてきたなら撤退することも大事だと思います。前にも書きましたが、来季35歳になる小谷野に二年契約を用意したライオンズは間違ってはいないと思うし、中島がライオンズ最終年以上の年俸を要求するなら撤退した方がいいでしょう。

 小谷野と中島の交渉の記事を読むたびに、鈴木本部長が「マネーゲームはやらない」と言い切ったのは気になります。交渉をするなら、相手に限度を見せないのは交渉のセオリーだと思うのですが。相手に手の内を見せていいことがあるとは思えないし。

 小谷野と中島を取れなかったのを見ると、補強より生え抜きを育てて勝つジャイアンツ(サンフランシスコの方ね)とかカージナルスのような戦略を用いるしかないのかなと思っています。渡辺SDはウィンターミーティングに行くらしいのですが、ジャイアンツとかカージナルスのフロントと接触して、大型補強をしなくても勝つ方法を学んできて欲しいものです。
スポンサーサイト
[2014/12/07 20:24] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<サードをさがして | ホーム | 義理と人情の日本野球>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1638-27198de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。