スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
決戦
 昨日のホークス×バファローズ戦は息を呑む、とか手に汗握るとはこのことかと思わせるような死闘でした。僕がこれまで見てきたプロ野球の試合でも三指に入る試合でした。「これは国を背負って戦うWBCなのか?」と思わせるぐらいの緊張感もあったし。

 日頃ホークス、バファローズの試合を観ていない僕からは、采配がどうこう言う気はありません。ただ一つ言うなら、8表と10表の二度得点圏で打席を迎えて、初球を打って力のないショートゴロと天井直撃のショートフライに倒れたペーニャが残念でした。

 初球を打つのは悪くないのですが、だったら前に鋭い打球を飛ばそうよ。いったい、なんのための初球攻撃かわからないし、意図なくスィングしたと言われてもおかしくないです。意図があってのミスショットだとしても、二度ミスショットしたらいけないでしょう。こういうところで真価が問われるのが四番なんだなと改めて思いました。

 決着が着き、力尽きてグラウンドに倒れるバファローズの選手の中で、泣いている伊藤光にグッと来るものがありました。もちろん、「マエストリと比嘉をちゃんとリードできていたら、サヨナラ勝ちを許さなかったのに」という涙でしょう。この痛い経験を糧にして伊藤光は伸びていくと思います。もしかしたらWBCで正捕手を務めるぐらい成長するかもしれません。敵チームながら、注目したい選手です。

 「秋山監督の胴上げを見せられてからバファローズナインがファンに挨拶に行くのもどうかだし」とホークスが勝った場合は、秋山監督の胴上げの前にバファローズナインがファンに挨拶に行くのは事前に決まっていたと思いますが、勝者を称える前に敗者を称える武士の情けを見せられたようで感動しました。「勝ちにこだわってこそ一流、善戦、グッドルーザーで満足するのは二流、三流」という森脇監督のコメントをなにかで読みましたが、昨日の試合こそ、負けても誇っていい試合だったと思います。

 やっぱり優勝を賭けてギリギリの戦いをやってこそプロ野球なんだなと思います。プレイオフ進出を決めただけで満足していてはいけません。来季こそ震える試合を制して優勝しないとといけないなと感じた試合でした

おまけ

 退団者発表、来季は田辺監督が引き続き指揮を執るとオフは始まっています。もちろん今季の総括をやるつもりなので、お楽しみに。手加減なしで書くからな!
スポンサーサイト
[2014/10/03 22:43] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<今季総括.1 | ホーム | 決戦前夜>>
コメント
そんな中
おかわりくんとメヒアがホームラン王を分け合うことになったのは明るい話題ですね。

ペーニャが加わることはまずないだろう。

これに浅村とナカジがいればかなりの強力打線ですね。
[2014/10/03 23:57] URL | ぱんち #L4eHv7zQ [ 編集 ]
>ぱんちさん

 さすがにペーニャが一試合三発打つ可能性は低いと思うので、中村、メヒアのタイトルは固いでしょう。

 浅村、秋山が復調して、木村が化けるとけっこうな打線になると思います。

 個人的には中島は「まだメジャーでプレーしていない」とマイナーか米独立リーグでプレーしたらかっこいいと思うのですが、はたして
[2014/10/04 22:00] URL | だい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1610-28e01247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。