スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
野球が好き
 「僕はライオンズが好きなのではなく、『野球』が好きなんだな」とつぐつぐ思います。昨日、今日とライオンズ戦ではなく、ホークス戦を見ていました。別にホークスが好きなわけではなく、ホークスが勝てばホークスが優勝に近づき、負けるとバファローズに優勝のチャンスが出る重要なカードだったからです。

 日程を見て、10/2のホークス×バファローズ戦は勝った方が優勝する天王山なんだなと思うと、興奮するし。その日はおそらく、ライオンズ最終戦は見ないで、ホークス×バファローズ戦を見るだろうね。そう、ライオンズの試合より、パリーグの覇権を賭けた対戦が見たいのです。

 だから、ライオンズより野球が好きなんだなと思う次第。それにしてもホークスは不甲斐ないの一言に尽きます。下位チーム相手にホーム戦でスィープを喰らうのはありえないし、こういうチームが優勝するのはどうかだと思う。あれだけの補強をしてもらったので、優勝できなかったら秋山監督は進退伺いを出すんだろうな。

 もしバファローズが優勝すると、2005年以来の10年間でパリーグ六チーム全て優勝を味わうことに気づきました。ついでにライオンズが最下位に落ちると、10年間でパリーグ六チーム全て優勝と最下位を味わうことになります。後世の野球史家は「激動の10年間」と位置付けるに違いない。

 どこが優勝するか、最下位に落ちるかわからないぐらい戦力均衡化に成功したので、パリーグに取って球界再編は正しかったと見ていいでしょう。パリーグってホントに面白いな!

 激動の10年目がどう決着を着けるのか、最後まで見届けるつもりです。

おまけ

 ジーター引退。お疲れさまでした。友達とMLBの話をすると、必ず出る名前です。10年連続三割30HR100打点を成し遂げたブポルス、サイヤング賞&MVPを獲得したバーランダー、イチローと首位打者争いを繰り広げたマウアーとMLBにはいい選手はたくさんいるのですが、それを抑えて名前が出るということはジーターは90年代以降のMLB最高のカリスマであり、アイコンだったと思っていいのでしょうか。

 ジーター監督、松井ヘッドコーチ(逆でも可)が実現したらいいなあ。
スポンサーサイト
[2014/09/26 22:32] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<昨日のゲームで思ったこと | ホーム | 森友哉の打撃と守備について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1606-6d41a6b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。