スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
森友哉について考えてみた
 森友哉を単独で一位指名できたのが信じられない。左打者不利の甲子園で、ホームラン五本を記録、レアな打てる捕手、春夏連覇メンバーという話題性、二年生のとき、一学年上の田村を差し置いて高校ジャパンで正捕手を務める。と略歴をザッと書くと、競合クラスの選手にしか思えないんだけど

 170cmという低い身長が森の評価を下げたんだろうか。「体格で恵まれないのにホームランを打てるのはバッティングセンスに秀でた証拠」」と逆に評価を上げそうなものだけど。「ドラ一候補をザッと見て、来年出なそうな選手は森だった」と評価した鈴木本部長は慧眼だったなと。

 改めてみると成績がヤバイ。12安打中長打が7本、OPS1.2ってありえない。こういうのを天性のパワーヒッターというだろうな。何度か見たけど、森の初球から振れるメンタルがヤバイ。普通環境が変わると慎重になって、様子見になると思うんだけどね。元々大阪桐蔭はファーストストライクから振っていくと指導すると聞いたけど、それでも振っていけるメンタルは教育というより天性では?と思ってしまう。

 今のライオンズは残り20試合弱で、Bクラス確定しているので森をもっと出してみないか。岸、牧田のボールを受けさせてあげたいけどね。森を四打席見たいと思っているファンは大多数なんだし。

 秋キャンプでは炭谷と正捕手争いが出来るように強化指定的に鍛えられるだろうし、実戦機会を与えるために教育リーグでも起用されるだろうし、U21ジャパンにも選ばれるだろうしと森の秋は濃密なものになるだろうね。

 さて、レギュラーは与えられるより、勝ち取った方が自信になると聞きます。だったら炭谷には残留してもらわないと。炭谷は森の噛ませ犬になって欲しいとは思っていないので、炭谷が森を第二捕手、ベンチかコンバートに追いやってもいいわけだし。まさか、炭谷は入場曲の歌詞に「喧嘩上等」と歌っておいて、FA移籍はないよね?
スポンサーサイト
[2014/09/11 23:25] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<日米野球参戦! | ホーム | ボクシングは世間に届いているのか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1600-b96c978e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。