スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ボクシングは世間に届いているのか?
 ボクシングは世間に届かない競技なんだなということを思い知らされた先週末の金曜日でした。まず、中継が21時で、結果は中継前にネットでわかるという時点でおかしい。同日開催の新日本プロレスでさえ、「主催者都合により24時以降結果を発表」なのに、ボクシングが同じことができないというのが理解できない。試合の結果を知っていた上で楽しめるのはマニアだけでしょう。

 そもそも中継がサッカーの日本×ウルグアイは生で、ボクシングが録画という時点で、ボクシングに夢を持つ人間がいるんだろうか?と疑問を持ちます。これではボクサーよりサッカー選手の方が格上という印象を持たれてもおかしくないです。現役の日本代表と世界チャンピオンどっちが多く言える?と聞かれたら、日本代表だろうな。

 ミドル級で金メダルを取った村田は僕が生きている間出てこないと言い切りますし、団体の枠を超えて最強と言われるボクサー・ローマン・ゴンザレスが日本で試合をすること自体凄いことだと思います。それなのに、録画で中継されたという事実が悲しく寂しい

 中継局のフジは元々K-1やPRIDEを当てて、格闘技のフジと言っていいぐらいの実績を作ったんだから、かつてのような金と手間暇を掛けたら村田はスーパースターになるし、八重樫×ゴンザレス戦は視聴率を取れるビッグマッチになるのにと思うと悔しいです。

 石井館長の「格闘技が衰退したのは、生中継をやらなくなったから。会場にいるファンが気軽に「誰々勝ったよ」とネットに書けるようになった今、報道管制を敷いても試合結果を隠すのはムダ」という言葉は至言だと思います!

おまけ

 八重樫戦後、ゴンザレスは「八重樫は今までで一番強かった」と語ったそうですが、「ほぼフルマーク、二度ダウンを奪ってノックアウトで勝っておいて一番強かったはない」と苦笑しましたが、少し考えると発言の真意がわかりました。

 おそらく、「自分にインファイトで向かってきた相手はいなかった」と八重樫の姿勢を称えたと思われます。ノックアウト負け、フルマークを着けられると字面だけ読めば八重樫の惨敗ですが、八重樫の惨敗とは言えず、思えない試合だったと思います。八重樫選手お疲れ様でした

 井上尚弥もフライ級に参戦するらしいので、ゴンザレス、一翔に勝ったアムナット、一翔、井上尚弥の四人で、トーナメントやればいいのに。盛り上がるぞ!
 
スポンサーサイト
[2014/09/08 21:56] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<森友哉について考えてみた | ホーム | 夏の祭典.7>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1599-87e90de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。