スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
夏の祭典.2
 今日は19日のレビュー。東海大四×山形中央は、東海大四西嶋がイーファスを投げるか?という興味しかなかったのですが、好ゲームになりました。高校野球が面白いのは、期待を持たずに見た(失礼)試合が好ゲームになるところですね。お目当てのメインイベントより面白かったことは多々あります。

 イーファスを投げるタイミングとして、「ドラフト候補に挙がる強打者」、「二安打、三安打打たれている苦手なバッター」、「リズムを変えるためにピンチのとき」を考えていましたが、西嶋がイーファスを投じたのは7表二死ランナーなし。明らかにイーファスを投げて、スタンドの雰囲気、ベンチの士気を挙げて裏の攻撃に繋げたいという意図があったと思います。それと、なかなか投げずに、ファンの期待を引っ張るだけ引っ張るエンタメ精神ですね。

 西嶋は7裏にショートフライに倒れたとき、山形中央バッテリーが打ち合わせをしているすきに、次打者に一言伝える抜け目のなさには唸りました。こういう頭のいい選手は好きです。まだストレートが140キロに届かないので、大学、社会人で鍛えてからプロかなと思いますが、西嶋がイーファスを認めてくれる指導者の下に着けたらと思っています。応援してます。

西嶋

 先発が五回無失点、ノーヒットという引き継ぎたくない状況からマウンドに上がった山形中央石川はよかったです。引き継ぎくない状況でマウンドに上がって、五回無失点で勝ち投手になったのはお見事

 191cmという長身、148キロのストレート、108キロの変化球と緩急が着けられるのが魅力です。山形のダルビッシュだね。体格と能力を考えると、三日間で見た選手の中では一番かなと。そうそう、三日間見た中での取りたい選手、トッププロスペクトと三日間を対象にしたMVPは別途書くつもりなのでお楽しみに。
石川

 プロでもなかなか見れないスコアレスでの延長戦は緊張感と興奮を感じました。やっぱり甲子園に来てよかったなと。10表東海大四の捕手の送球エラー絡みで山形中央が先制したあと、「直前に送球エラーした捕手はうまく投げられない」と容赦なく二盗して、また送球エラーを誘って追加点を取ったのは見事でした。

 正々堂々といっても、ルールの範囲内ならなにをやっていいのが野球でありスポーツです。もちろん、「送球エラーをやった捕手はかわいそう」ではなく、「送球エラーからすぐ立ち直れるわけがない」と盗塁させたのは好采配です。松井の五敬遠でさえ、「勝つためとはいえ、あそこまで徹底できるのは凄い」という意見もあったというし。

 監督が勝つためにどれだけ策を練り、どう采配するかも高校野球の見どころの一つでしょう。次はこの日のメインイベント大阪桐蔭×明徳のレビューを書きます。 
東海大四×山形中央
スポンサーサイト
[2014/08/23 22:28] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<夏の祭典.3 | ホーム | 夏の祭典.1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1591-7466b9f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。