スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
野球好きから見たW杯二回目
 W杯とは出勤前に何気なく見るものだったのに、こんなにハマるとは思わなかった。昨日のブラジル×コロンビアは5時起きで見たし、今日のアルゼンチン×ベルギーはたまたま起きた2時ぐらいから見たし、オランダ×コスタリカは後半から見ました。

 おかげで、早起きの習慣がついたのはいいことかもしれない。9日のブラジル×ドイツ、10日のアルゼンチン×オランダは一時間早起きして見るんだろうし。

 どの試合も面白く見ましたが、中でもオランダ×コスタリカはいい試合でした。オランダがコスタリカのペナルティエリアに入ると、コスタリカのDFが毎回四、五人いるのを見て、いつオランダに攻め込まれてもいいように、DFを低い位置でプレーしているとことは素人でもわかりました。

 コスタリカの守備重視で少ないチャンスをモノにして勝つというのは、スモールベースボールのサッカー版という気がします。日本代表はこういう作戦で臨めばよかったのでは?と思ってしまいます。事実、コスタリカはオランダを120分完封したということは、コスタリカが一点取ったら勝てたということだし。負けましたが、コスタリカのゲームプランは正しかったと思います。

 延長終盤に入ったオランダGKクルルのスーパーセーブには驚きました。PKを二本止めただけで凄いのですが、PK五本全てシュートと同じ方向に飛んでいます。そう、五本すべて防ぐ可能性があったということです。こんなキーパー見たことない。

 データを見て、コスタリカの選手がどこに蹴るコースを調べたのだろうし、ボクシングでガードを下げたところに打たせて、カウンターを浴びせるように、スキを見せて打たせるコースを決めさせたのかなと思っています。お見事でした

 もし決勝がアルゼンチン×ドイツになったら、僕が初めてW杯を見た86年メキシコの決勝と同じカードになるじゃないですか。今後こんなにドラマチックなカードが実現する可能性は高くないと思われるので、決勝がアルゼンチン×ドイツになることを祈っています!
スポンサーサイト
[2014/07/06 21:31] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<野球好きから見たW杯三回目 | ホーム | 最近興味のあるもの二つ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1570-1c630669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。