スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
森野球のリメイク
 今日は一昨日のカープ戦のレビュー。このブログを読んでいる人で、W杯の感想を期待している人はいないと思われるので、いいでしょ。

 田辺監督になって初めて球場で見るので、田辺采配が見どころでした。初回一番秋山が出塁して、「前任の伊原なら送るけど、田辺さんはどうするの?」と思っていたら渡辺に犠打。3表無死三塁打者戸田の場面で、「まだ三回だし、前田健太が投げているわけではないから、一点は上げるつもりで、深く守るだろうな」と思っていたら前進守備

 そう、田辺監督の目指す野球は、「確実に得点し、失点はなるべく防ぐ」森監督の野球ですね。黄金時代育ちはダテじゃないです。選手の身だしなみは緩和したらしいですが、選手にノビノビやらせるようで、野球は手堅くやるのも森野球そのものじゃないですか。知らず知らずのうちに選手は森野球を注入されていると思うので、試合を重ねて森野球が浸透した秋ぐらいには、けっこうなチームになっているかもしれません。プレイオフまでは考えています。

 滾ったのは6表二死一、二塁打者エルドレッドの場面で、豊田を投入したことですね。ブルペンで肩慣らしとは思えない凄いボールを投げていたので、ホームラン王相手にルーキーは荷が重いかと思いつつも、期待していました。ストレートで押してセカンドゴロに打ち取ったときは滾りましたね。6裏にビッグイニングを作れたのは、打線に豊田の気持ちが乗り移ったと思っています。

 この試合で最も凄かったのは、4裏のメヒアの2ランですね。インコースをアッパースウィングでカチ上げて場外に持っていくのは日本人にはできないバッティングです。こんなバッターがメジャーに上がれないなんて、メジャーは凄いところなんだな。メジャーに上がれないまま二年目を過ごしている中島を笑えない

 今日を含めて、岡田、炭谷、星と捕手は三日間日替わりでした。先発した藤原、菊池、野上との相性を踏まえて起用したと思いますが、日替わりで起用することで、競争させて捕手の全体的なレベルアップを意図しているなら、田辺さんは怖いぐらい優秀な監督かもしれません。強豪チームには名捕手ありということを知っているからです。これも伊東を擁した森野球を踏まえていることは言うまでもないです。
2014.6.13スコア
スポンサーサイト
[2014/06/15 22:06] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<9人制をガッツリみた感想 | ホーム | 四連勝と田辺采配>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1562-8dd26e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。