スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
41試合目に組んだベストオーダー
 PCにて今季初めて10点越えの試合を観ました。2表の4点は、打線って繋がるものなんだという感動を覚えました。得点圏にランナーを置いても返せない場面を今季何度も見たもので。

 今季41試合目にして、やっと理想のオーダーが組めたと思います。一番秋山に長打を打ってもらって、二番山崎(脇谷、渡辺直人)に繋いで、三番以降栗山、中村、メヒア、浅村で畳みかけて、七番木村で終わらせると。開幕からこういうオーダーで戦えたら、借金は無かったと言い切れます。五番森本とか渡辺直人とか脇谷を観なくて済むと思うとホッとしてます

 初めて再昇格した秋山を見ました。逆方向に長打を打てたのに驚きました。降格前の秋山は弱々しいライト前しか打てなかった。やっと秋山の今季が始まるのかなと。今から打率三割は目指せるかな?浅村の二塁守備もうまくなっていますね。3裏銀次のライト前を追いついてアウトにしたのは唸りました

 二塁守備を見る基準として、ライト前の打球をどれだけ取れるか?で判断しています。片岡は、ライト前の打球をよく追いついていました。今季はムリでも、来季以降ゴールデングラブを取れる選手になって欲しいです。強打のセカンドって、カノーみたいでカッコいいな。

 塩見が4表に8失点を喫しても、簡単には代えないところに星野監督の厳しさを観ました。もし塩見を4回途中で代えたなら、なぜすでに3回6失点を記録しているのに頭から代えない?という疑問が残ります。3回終わった時点で、先攻のライオンズの攻撃があと6回残っていることを考えると、ブルペンの負担を減らすために少しでも長く投げて欲しいと思うのは当然です。

 先発投手は打ち込まれても、ブルペンの負担を思うと簡単には代えられないことを星野監督は塩見に伝えたかったと思います。塩見に4回を投げさせたのは、田中の24勝を埋めるために必要な教育だったと。

 この試合を見ていてガッカリしたのは、外野芝は剥げていて両翼が90mしかない盛岡のショボさでした。近年岩手から菊池、大谷とドラ一を出しているし、昨夏の甲子園では花巻東が四強に入りました。岩手の野球熱を上げるために、もっと野球場をよくして欲しいです。

 地方球場はプロがキャンプ、オープン戦、公式戦で使い、甲子園を賭けた県予選決勝で使うので、地元の野球好きの憧れの存在になると思っています。僕だって、マリーンズがキャンプに使って、プロがオープン戦、公式戦を組んだ鴨池球場に愛着がありますし、鴨池球場の両翼が100mに拡張されると聞いたときは嬉しかったものです。だから、岩手の野球好きのためにもっと盛岡はいい球場になれないかなと。
スポンサーサイト
[2014/05/18 22:13] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<交流戦2014 | ホーム | メヒアあらわる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1549-a86e74c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。