スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
劣勢の理由
 開幕三連敗、四月時点で借金10、七カード連続負け越しなんて記憶にないぞと思っていたら、全部30ウン年ぶりの記録だって。つまり今のライオンズは、西武への身売り、博多から移転直後のライオンズと同じ状態なわけで。その時代は物心着いてないから、知っているわけがない

 今のライオンズを見ていると、伊原監督の采配とか、中村、坂田等のケガ人どうこう以前より、キャンプの取り組み方が間違ったのでは?と疑問に思います。それを書きます。

 今キャンプでは、伊原監督の「実戦練習はオープン戦でやればいい、キャンプは体力作り重視でいい」という意向でキャンプを張ったと聞きます。伊原監督はブルーウェーブで指揮を執った2003年以来の監督職ということを考えると、伊原監督の勝負勘を戻すためにも、もっと実戦練習、紅白戦とか他チームとの練習試合をやった方がよかったのではと。

 巨人時代の王監督が「監督に助言を行うコーチと、自分で決断を下す監督では全く違うので、現役引退したあとヘッドコーチではなく、二軍監督をやればよかった」と言っていたのをなにかで読んだ記憶があります。これに沿うなら、伊原監督は、自分の勝負勘を戻すために、多く実戦練習を組めばよかったのでは。采配を揮うことで、「伊原監督はこういう野球をやるんだ」と選手に采配の意図を理解させることもできたわけだし。

 「午後は自習でいい」と二時以降は伊原監督、コーチは引き上げて、選手の指導はしなかったと聞きます。黄金時代のやり方を踏襲したと聞きますが、優勝が当たり前だった黄金時代と、五年間優勝から遠ざかっている今のチームでは事情が違います

 「五年間優勝から遠ざかっているチームには、自主性などない」と午後も伊原監督が陣頭指揮を執るぐらいでよかったのに。正しくキャンプをやれば、ここまで追い詰められることもなかったのでは?と疑問に感じます。

 中村がようやく復帰、メヒア獲得が決まるといい材料が揃いつつあるので、明日からの巻き返しに期待します。明日は西武ドームで気合い入れて来ますよ!
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/04/28 21:39] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<初めて見えた伊原野球 | ホーム | メヒア来るか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1539-96f4e02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。