スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
クライマックスはまだ続く
 前々というか、ずっと「ANGEL VOICE」には唸らされていますが、今週はさすがとしか言えませんでした。伊能がチームを背負ってきた古川の大きさを感じながら、フリーキックを蹴ると思っていましたが、「蹴れません」と古川に譲るとはね。

 いきなり振られて、ゴールを決められる古川は凄すぎです。野球だったら、カウントの途中で代打に出されてホームランを打つようなものだろうか。劇中松田と乾を指して、二人天才がいると描かれていますが、真の天才は古川だよ。狙うコースを考える時間もないのに。

 読み終えて、なにかに似ていると思ったら、「GO And GO」の新田と柳の関係じゃない。9回無死満塁から新田にマウンドを託された柳がピンチを凌いで勝ったあと、新田に「よく投げられたな」と聞かれた柳が「あの場面でビビらない投手はいないよ」と返すシーンです。

 来週は古川と伊能に似たような会話があるんだろう。柳に助けられた新田が、「1番は柳さんの番号だから」と高校ジャパンで元々着けていた13番を背負ったように、「伊能は古川の卒業後、古川の9番を着けるように言われたが、『9番は古川さんの番号だから』と元々着けていた13番を背負い続けた」というナレーションが入ったら最高。新田と伊能が同じ背番号というのは伏線だったか。

 「GO And GO」の決勝戦だって、延長に入ってからが本番だったので、「ANGEL VOICE」も延長に入ってからさらに面白くなると思っています。木曜日が楽しみだな!

 前作を思い起こすような関係性って、自チームでやりそうだけど、あえて敵チームでやった小谷野って凄いと思う。書いてたら「GO And GO」読みたくなってきた。文庫化しないかな。

 「イカ娘」でも、古川さんが活躍したのはシンクロシニティだね。こっちの古川さんはかわいい婦警さんですが。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[2014/03/09 20:49] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ホントに「ラストイニング」でした | ホーム | 球春始まる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1507-780e7681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。