スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
クライマックス
 マンガを読んでいて、「これからどうなるんだろう」と思ったのは久しぶりです。「ANGEL VOICE」の話ですが。二点目を挙げた伊能を古川が認めたなら、伊能が古川を認める場面もあるだろと思っていたらやはりでした。最後のフリーキックを蹴る伊能はチームを背負う責任、重圧を感じるはずなので、チームを主将として背負ってきた古川の凄さを認めることになるでしょう。

 キッチリ伏線を張って、しっかり回収する小谷野孝雄って凄いなと毎回感心しています。船学戦で終わることは決まっているので、「もう『ANGEL VOICE』とはお別れか」と思うと寂しい。でも、「ユウェルを乾がマークする」という伏線は回収して欲しいから、延長戦やるのかなあ。

 もし、このまま終わったら、選手が疲れているのに、代えない土岐監督はガーソだったというガッカリなオチになるんだよなあ。「疲れている選手がいたら、私に報告してください」という黒木監督の伏線もあるし。ここまで次回が待ち遠しいマンガって、ニューヨークに核を打つ、打たないでヤキモキさせた「沈黙の艦隊」以来だよ!

 ついでに書きますが、表紙のAKB系列推しはカンベンしてください。AKB系列で推すぐらいなら、毎週ペダル推しでいいです。というか、一度ぐらいは「ANGEL VOICE」を表紙にしようよ。月刊で「GO And GO」を描いていたころは、表紙はいつもクローズだったことを考えると不憫です。
 
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[2014/02/27 22:31] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今季注目する選手、投手編 | ホーム | 広島版「来年があるさ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1501-4216b53c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。