スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
7の重み
 少し前から脇谷に背番号7を与えると聞いていましたが、「公式発表まで待たないと」と我慢していましたが、我慢を解きます。ライオンズのフロントは背番号7をどう考えているんだろうか

 背番号7は豊田、石毛、カズオ、片岡とチームを超えてリーグを代表する選手が着けるナンバーであって、ライオンズの中では背番号3と並んでステイタスの高いナンバーだと思っていました。失礼ですが、規定到達が一回しかない脇谷が着けるナンバーではありません。僕自身、子供の頃石毛に憧れた記憶があり、カズオを見て黄金時代のあとの新生ライオンズを感じ、入団時から背番号7を着けて盗塁王を取り、ジャパンに入った片岡を見ているので、脇谷に背番号7を与えたのはいい気持ちがしません

 「契約更改後の移籍だったので、背番号の変更ができなかった」という考えもあると思いますが、そういうときにゼロナンバー、00を着けさせたらいいのに。昨季0と00のゼロナンバーを空けたのは、シーズン中に入団した選手に着けさせる緊急用のナンバーに使いたいからと思っていました。

 脇谷もやりづらいよね。さすがに本人が望んで着けたとは思えない。一試合も出ていないのに、ファンからネガティブな視線を向けられるのはかわいそう。脇谷に背番号7を着けさせることで、誰が得したんだろうか。今となっては、脇谷が打撃三冠、盗塁王、最多安打、最高出塁、ベストナイン、ゴールデングラブなどのタイトルを取って、ファンを納得させるのを祈るしかないです。

おまけ

 昨日の続き、ドラ1森については言うことはないですね。いい意味ではなく、どうこう言う材料がないという意味で。伊原監督が二軍スタートを明言しているのが興味深いです。

 普通、監督は高校生、大学生、社会人に関わらずドラ1は一軍キャンプに連れていきたがると思うんです。理由は単純で、フロントがナンバーワン評価を下した選手を実際に見てみたいということ。監督がシーズン中にドラフトに掛かる選手を視察するヒマがあるわけもなく、スカウトが用意した映像でしか選手を評価しないだろうし。

 おそらく伊原監督は、森はどう考えても炭谷、星、上本に次ぐ四番手以下。四番手以下の選手を一軍キャンプに連れていく必要はなしと判断したと思います。こういう伊原の冷静でブレない姿勢が好きなんですよね。

 ライオンズはプロスペクト、有望株と判断した選手は結果に関わらず、二軍で最低でも300打席は立たせると聞いたことあります。これは中島、中村、栗山も辿った道とか。二軍でみっちり経験を積んで、たくましく日焼けした森を一軍で見られる日が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/11 23:37] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<2019年は盛り上がるか? | ホーム | ルーキー初回感想>>
コメント
背番号7
決めたのは間違いなく伊原監督だね。
[2014/01/12 08:07] URL | ぱんち #L4eHv7zQ [ 編集 ]
>ぱんちさん

 脇谷の背番号を誰が決めたのかはともかく、脇谷本人にプレッシャーの掛かる判断をしたと思っています。

 浅村の背番号3をお預けにした件といい、フロントは背番号を軽く見ている気がするんですよね。

 いい年した今でも、数字を聞くと「誰の背番号だっけ?」と考えてしまうほど、背番号は選手のイメージを作る大事なものなのでもっとしっかり考えて決めて欲しいですね。
[2014/01/12 20:05] URL | だい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1475-c13179b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。